テクニカル知識

21時〜24時が狙い目!「スキャルピングトレード」にオススメの時間帯

21時〜24時が狙い目!「スキャルピングトレード」にオススメの時間帯

スキャルピングは小さな値幅を狙う手法なので、より効率的に利益を得るためには、どの時間帯を選ぶかも大事です。何時頃がベストなのか見ていきましょう!

スキャルピングにオススメの時間帯

薄利を狙っていく手法では、

  • ボラティリティが大きい
  • スプレッドが狭い

時間帯を選んぶことが重要です。

ボラティリティのある相場のほうが、「小さな足でも勢いが出るのでトレードがしやすい」「1回のトレードでしっかりとした利益が狙える」というメリットがあります。

スキャルピングにおすすめな時間帯は「21時〜24時」!

◯時がいいの!? スキャル・デイ・スイングに「オススメのトレード時間帯」

(EUR/USDの5分足)

スキャルピングに最適なのが、ロンドン時間とニューヨーク時間が重なり、世界中からの市場参加者が一様に集まって、相場に最も勢いが出る21時〜24時頃です。

画像でいうと、ロンドンとNYが重なっている時間であるピンク枠のところが格段にローソク足の勢いが出ていますね。この値幅がアップした部分を狙うのが秘訣です。

この時間帯は値動きの勢力がすごいので、1分足や5分足といった小さな足でもトレンドが発生しやすく、1回のトレードで10pips以上の十分な利益が狙えます。

東京時間と早朝は手を出さないほうがいい!

小さなpipsを狙うスキャルでは、値動きの弱い東京時間だと小さな足では売買しづらく利益もあまり得られないのにスプレットばかり取られて、効率的なトレードができません。

また、深夜を過ぎて早朝付近になると流動性が低くなり、スプレッドが開くこともあるので、24時以降にそのままチャートを見る時には注意しましょう。

 

まとめ

スキャルピングトレードは小さな利益を積み上げていく手法だからこそ、小さい中でもできる限り大きな利益を狙うことが、安定してお金を貯めていく秘訣です。

ぜひ21時〜24時頃にはいつも以上にチャートをチェックするようにしてくださいね。

 icon-heart 合わせて読みたい → 値幅とスプレッドが命!「スキャルピング」に向いた通貨ペア

 

いっちゃんの順張り手法

関連記事

© 2020 FX投資家いっちゃんのブログ Powered by AFFINGER5