これが勝ち組の道!「FXテクニカルの勉強方法」3STEPを大公開

これが勝ち組の道!「FXテクニカルの勉強法」3つのステップを大公開

「FXのテクニカルの勉強はどんな風にしたらいいの?」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。

私も投資は完全な初心者であったため、そもそもテクニカルの勉強法がわからずに、なにから始めていいかわからずに悩み、自分なりに試行錯誤をしながら勉強法を確立しました。

ブログを開設したら絶対に共有したい記事のひとつが「FXの勉強法」であり、実際に読者の方からも「どんな風に勉強されてましたか?」とお問い合わせをいただくことが多かったんですね。

あまりFXのテクニカルの勉強法を解説は見かけないので、今日は私が実践した勉強法についてとことん説明するので、チェックしてみてください☺💕

FXの勉強に利用したのは「Forex Tester4」

まず私がFXの勉強に使用したのは「Forex Tester2(FT2)」(現在は改良されてForex Tester4の名称になっています)という検証用ソフトでした。

過去17年分・16通貨の1分足〜月足までの実際の値動きが見られて、各インジケーターや水平線も使用可能、バックテストをすることもできる優れものです💡

私はFT2のVIPデータ1ヶ月分を、2〜3万円くらいかな?で購入しました。当時は「成功できるかわからないのに買ってもいいものか」と、カートには入れるものの決済ボタンを押すのは数日間悩みましたが…

いっちゃん
もっと稼ぐための投資‼

だと考えて購入を決めました。

実際に私が最速で勝てたのもFT4があってこそで、今回お話することもFT4があることを前提としたお話になるので、もしもまだ持っていない方がいたら、先行投資だと考えて準備してほしいな💡と思います。

 icon-heart FT4については『過去検証をしよう!勝ちトレーダーへの最速方法“Forex Tester4(FT4)”とは』でも詳しく解説しているので、ご存知ない方はご覧みてくださいませ☺🍀

スポンサーリンク

私はこれを実践!FT4で行った勉強法「3STEP」

私はブログや雑誌で「FT4で猛勉強して勝ちトレーダーになれた」と公言していることもあり、FT4をやっているけれど勝てませんと、ご相談を受けることが多くあります。

お話を聞いていると、みなさま“トレードをする”ことしかされていないんですね。

FT4ではエントリー練習ができることも醍醐味のひとつですが、私は過去十数年分という莫大なデータを生かして、相場観を磨くことやチャートの動きを研究できることが最大のメリットだと思っています☺🍀

私が行った勉強法は、この相場の“研究”をメインにしたステップです。見ていきましょう〜(*゚▽゚)ノ

STEP1:各時間足でトレンドとレンジを把握する

私は最初に「トレンド」と「レンジ」の環境認識を行いました。FXの勉強というと、手法にばかり目が行きがちですが、各時間軸を読み解く力は手法の優位性を高めることになります。

私が早く勝てるようになったのも、1分足〜月足までのマルチタイムフレーム分析を完璧に行えることにあったと思っており、これはSTEP1で1日に何十時間もトレンドとレンジを分析していたからです。

主に見ていたことは…

 icon-check-circle 現在はトレンドが発生しているか?それともレンジか?

 icon-check-circle いまの相場がどう動いたらトレンドorレンジになるか?

 icon-check-circle 上位足でこう動いているときは、下位足ではどう動くか?

ということです。

まずはひとつの時間足で、慣れてきたら日足・4時間足・1時間足・5分足を同時に見ていました。

どんなに順張り・逆張りの手法を100%理解しても、「トレンドで逆張り」「レンジで順張り」をすれば負けますので、現状がどういう相場環境なのかを知ることは今でも最も重要だと思っています。

まず初心者さんは各時間足で環境認識をしっかりと行えるようになりましょう。

 icon-heart 相場の見方は『無料手法公開コース』や『教材』内で解説していますのでぜひご覧くださいませ😊💡

STEP2:手法が機能する場所としない場所を研究する

私は知識ゼロの状態からスタートしたので、「ただやみくもに取引の練習をしてもうまくいかないだろう…」と思っていたので、次は手法の研究をして「行く相場」と「行かない相場」を分析しました。

たとえば私の手法であれば、移動平均線にぶつかる場面で、反発するときも反発しないときもすべてのキャプチャを何千枚も撮り、以下のように傾向やパターンを調べたんですね。

icon-check-circle 5分足・1時間足・4時間足・日足の流れがどうなったら行くのかor行かないのか

icon-check-circle どんなローソク足が出たら行くのかor行かないのか

icon-check-circle 移動平均線やボリンジャーバンドがどんな形状だと行くのかor行かないのか

いっちゃん
このSTEP2に最も時間を費やしました🙆🏻💕

実際に私は以下のように研究記録を書いていたんです。こんな風に自分の手法と合致するところを、いく相場・いかない相場も含めて何百枚・何千枚と撮って分析していきました(⑅•ᴗ•⑅)

FXのForexTester4を使った勉強法

(いく相場)

FXの勉強方法(ForexTester4の過去検証)

(いかない相場)

テクニカルの研究をして、自分の中で「こういう時に機能する」「こういう時には入ってはいけない」と手法が明確化されて、エントリールールができ、やっとスタートラインに立てた感じでした。

NOTトレード! FT4は研究をするためにある

なにも理解できていないままエントリーの練習をしていても、結局わからないまま、ただ“トレードをしているだけ”になるので、まずどういう相場環境で手法が機能するかの「答え」を知る必要があります。

多くの人はFT4の莫大の量の過去データは「これだけエントリーの練習ができるよ」という意味に受け取っていますが、実際は「これだけ手法の研究ができるよ」というためのものなんですね。

FT4は、エントリーの練習ではなく、相場を分析することをメインに使用していきましょう😊🌸

NOTゆっくり! FT4のローソクは最速で動かそう

FT4の強みはなんといっても、過去の実際のチャートの動きをさかのぼって、早送りで動かせることです。FXでは手法を理解するには「最低1年は必要」と言われますが、私は1年では足りないと思っています。

実際に私は、基本5通貨(ドル円・ユーロドル・ユーロ円・ポンドドル・ポンド円)の直近6〜7年分をまわして、研究を行いました。チャートを見る時間は、多ければ多いほど発見があります。

STEP2ではチャート分析の数をこなすためにも、ローソク足はゆっくりではなく、速度MAXorスペースキーを連打して、とにかく見る相場の量を1日でも多くし、行く相場と行かない相場を明確にしましょう。

STEP3:エントリーの練習をして自分の成績を知る

1分足〜月足までのトレンドとレンジを把握できるようになり、自分の手法が機能する相場環境を理解して、私はそこから初めてFT4でエントリーや損切り・利確の練習を行いました。

この段階では、STEP2の研究で築いた手法とルールを細かい部分まで厳格化すること、またそれで利益は平均どれくらい取れるのか、勝率はどれくらいなのか、優位性はあるのかの検証を意識したんです😊🌸

手法やトレードルールを厳格化

まずエントリーの練習を行い、入った箇所のスクリーンショットを撮影して、「各時間足の形状」と「なぜここで売買しようと思ったのか」を記載し、その結果をトレードノートに必ず記録

実際に売買をすると、自分のトレードのクセ(だいたい負けるのは似たようなところです😥)がわかるので、トレード記録を振り返り、ダメトレードを徹底的に矯正して、手法に磨きをかけました

FT3では、よくエントリーと損切り・利確を流れ作業でしているだけの人がいますが、ただゲームのように勝った負けたを繰り返しているだけで、なにも学びがないので絶対にやめましょう‼

自分の得意手法を見つけるきっかけにも!

この時期には、私はまだ順張りに特化していたわけではなく、逆張りや転換も同時に練習していたのですが、エントリーをして記録をつける中で、利益のほとんどが順張りであると気づいたんです。

トレードの練習をしてノートをつけることで、自分が入りやすい勝率の高いチャートパターンを発見するきっかけにもなりますので、面倒くさがらずにひとつひとつのトレードを大切にしてください💡

 icon-heart エントリーの練習時に実践したトレードノートの書き方については、『どんな風に記録する?勝ち組になるための“トレードノートの書き方”」で詳しく解説しています🐾

手法のパフォーマンスを検証する

私は手法やルールを完璧に築きあげてから、そこで初めて「結果を見るための」エントリー練習を開始。月の利益や勝率、エントリー回数はどれくらいあるか…などパフォーマンスを検証していったんです。

FT3の成績の合格ラインは、人それぞれ手法や狙うpips、チャートを見られる時間が違うので一概には言えませんが、私は月200pips、勝率80%、プロフィットファクター8〜10を目指してやっていました。

検証時にも基本5通貨の6〜7年分の動きをまわして、どの通貨でもどの月でも安定して結果を残せるようになってから、リアルチャートに移行していったんです。(*^^*)v

FT4の結果は自分がエントリーできる時間帯を見る

最初は相場の流れを知るためにも、24時間週5日でまわしてエントリーするのがいいですが、現実世界では寝ずにチャートを見るという不可能な生活になるので、ここで出た結果は現実的なものではありません。

ある程度慣れてきたら、自分が実際に売買できる時間(日中に働いている方であれば、帰宅後の20時~24時だけ…etc)でエントリーの練習をして、その時間帯の結果を知るのがいいと思います。

 

まとめ

私が行った勉強法の流れはこのような感じです。

ご相談を受けたみなさまにSTEP2の話をすると「エントリーではなくて、研究をしないといけないんだ💡」と驚かれるので、チャートを研究する部分がほかの方ともっとも違うポイントかな。(*^^*)

FXでは、勝ち組1割・負け組9割といわれますが、膨大な量の勉強を面倒くさがって、いきなりリアル相場に突っ込んでいくから、負けている人が多いのが現実です。

安定した利益を得るためには努力なくして成功はありえませんので、FT4で自分の中で手法やルールを厳格化して自分のものにしてから、リアル相場にトライしてみてください🐱✨

私も勉強に使用したFT4は以下から購入することができます。まだ「持っていない」という方はぜひチェックしてみてくださいね。\( ˆ ˆ )/♡

\Forex Tester4について詳しく見る/
Forex Tester

絶賛販売中!
EMAいったんでは、『スキャルピングインジケーター』や『教材』の販売がございます。順張り手法をマスターしたい方はぜひお申し込みくださいませ(*^^*)

 

ドル円5分足のスキャルインジ
マルチタイムフレーム分析を習得

関連記事

♡ Follow me ♡

【YOU TUBE】
チャンネル登録をお願いします♡

【twitter】
FX情報をリアルタイムで配信!

【Instagram】
プライベート写真がメインです☆

Archive

ページ上部へ戻る