どんな風に記録する?勝ち組になるための「トレードノートの書き方」

どんな風に記録する?勝ち組になるための「トレードノートの書き方」
(Svitlana Sokolova/Shutterstock.com)

トレードノートをつけることは「意味がない」「面倒くさい」と思う人が多いですが、自分のトレードを振り返ることで、自分のクセを知ったり、入ってはいけない相場に気づいたりすることができます。

とくに勝ち負けを繰り返して、いまひとつ頭が抜け出せない方は「自分がいつも間違えてしまう場所」を知って損切りになるエントリーを見送ることで、トントンやマイナスからは抜け出せるはずです。

そんな勝ちトレーダーになるための必須なトレードノートですが、規定の型があるわけではないので、どんな風につけるべきか悩むもの…。そこで今日は、私が実践していた書き方をご紹介しますね。

トレードノートの記録方法

トレードノートはよく手書きでノートに記録される方が多いのですが、インジケーターやローソク足の形をリアルに再現できないため、あまり効率的ではないかな、と思います。

私は「手書きはムリ!“トレードノートを記録する”おすすめ方法3選」でもお話したようにEvernoteを使用して、実際のチャート図をスクリーンショットして記録していました😊✍

今回もそのやり方を前提として書き方をお伝えしていきますね(*^^*)

エントリーした箇所を載せる

FXでの「トレードノートの書き方」

まずエントリー箇所をスクショしましょう。私たちの勝敗を決めるのはエントリー時です。どういう形状の時に行くのかor行かないのかを事前にキャプチャすることで、振り返ったときに勉強になります。

私は外出時などFT2をできないときは、空いた時間にスマホに入れたエントリー時と結果の画像を照らし合わせては、行くパターンと行かないパターンをひたすら凝視して分析していました。

キャプチャには、①エントリーした場所、損切りをする場所、③利確目標にした場所、④各時間足の環境認識、⑤各時間足のエントリー根拠、を記載します。

とくに各時間足の④環境認識、⑤エントリー根拠、を明確にして取引するだけで、目先の値動きに騙された無駄なエントリーが減りますし、あとあと見返したときに自分の勘違いにも気づきやすくなりますよ。

利確はそのまま、損切りは徹底的に!

FXでの「トレードノートの書き方」

うまくいった時はそのままで利確後の画像をキャプチャして一緒に保存するだけでOKです。私は勝てたものは、エントリーの根拠が合っていたということで利確後はとくに分析は行いませんでした。

ただ損切りに遭った時は徹底的に研究をします。私が検証をする時に、座右の銘にしたのが「悪いところは探してでも見つける」です。トレーダーは転んだらただで起きてはダメですよ。( ゚д゚)

残念ながらこのトレードは損切りに遭ってしまいました。では、なぜがいけなかったのかを徹底的に書き出しましょう。正解はないので、みなさまもどこがダメだったか一緒に考えてみてください。(*^^*)

損切りに遭ったら徹底的に分析をする

FXでの「トレードノートの書き方」

ザッとこんな感じになります。損切りに遭った時には、本来は週足・月足も見ていきますが、今回はちょっと長くなってしまうので、画像部分の分析だけに留めますね。

自分がなぜこの場所でいけるとエントリーしたのか、しかしなにがダメでいかなかったのか、をエントリー時のチャートと共に眺めて分析することでNGトレードを矯正できて同じ過ちを繰り返さなくなります。

今回であれば、たとえば「1時間足のEMAの形状がキレイでない時は、5分足で反発の兆候が見えても見送ったほうがいい」「日足の-2σに下降余力がない時はいきづらい」などが、わかりましたね。

 

トレードノートの書き方のまとめ

「勝てるけれど負けもする」というある程度のレベルまで行ったら、自分のダメなトレードや自分の手法が機能しない相場を知ってどんどん削ぎ落としていくことで、勝ちトレーダーの道が開けます。

トレードノートは「面倒くさい」と思ってやらない方は多いですが、ここをやるかやらないかで勝ち組と負け組の差は大きく出ます。騙されたと思って、まずは3ヶ月だけでもつけてみてください。

きっとトレードが劇的に変わりますよ!(*^◯^*)v

 icon-heart 合わせて読みたい → 10万円&100万円稼ぐには…「月にどれくらいのpipsを取るべき?」

順張り手法を絶賛販売中!
EMAいったんでは、『教材販売』がございます。順張り手法をマスターしたい方はぜひお申し込みくださいませ(*^^*)

 


関連記事

♡ Follow me ♡

【YOU TUBE】
チャンネル登録をお願いします♡

【twitter】
FX情報をリアルタイムで配信!

【Instagram】
プライベート写真がメインです☆

Archive

ページ上部へ戻る