ファンダメンタル知識

知らないと乗り遅れるかも!?「バイ・ザ・ルーモア、セル・ザ・ファクト」とは

知らないと乗り遅れるかも!?「バイ・ザ・ルーモア、セル・ザ・ファクト」とは

FXをしている方なら一度は耳にしたことがあるのが、「バイ・ザ・ルーモア、セル・ザ・ファクト」という相場格言ではないでしょうか。

いっちゃん
個人的には、ファンダメンタルズでの投資のコツを表した重要な教えのひとつだと思っています。

この言葉や意味を知らないと、ひとりだけ相場に乗り遅れてしまう…ということも起こり得ますので、しっかりと覚えていきましょう😊

「バイ・ザ・ルーモア、セル・ザ・ファクト」とは

相場格言のひとつである「Buy the rumor, Sell the fact(バイ・ザ・ルーモア、セル・ザ・ファクト)」は、「噂で買って、事実で売る」という意味です。

投資家は貪欲ですので、みんな「良いところで買いたい‼」と思っています。

そのため、まだ公式に発表がある前に相場を先読みして(噂の段階で)ポジションを持とうとするため起こる現象です。どういったことかチェックしていきましょう💡

「バイ・ザ・ルーモア、セル・ザ・ファクト」はなぜ起こる?

知らないと乗り遅れるかも!?「バイ・ザ・ルーモア、セル・ザ・ファクト」とは

例えば、好景気になり「中央銀行がそろそろ利上げをするかも…」と噂が出始めたら、価格の爆上げを期待して、まだ安い段階から買う人が増えて価格が上がっていきます。

これにより、通貨は上昇し、それに追随して買う人も増えて、噂が事実になる頃には、市場ではすでに「利上げ」という情報は織り込まれた価格に到達しているんですね。

相場は無限に上昇するわけではないので、正式に利上げが表明される時には、もう“利上げ”という情報で上がりきる価格までいっており、上昇の余力は少ししかありません。

そのため、発表と同時に(事実になったら)利益確定の売り出て価格が下がるのです。

公式に発表されてここから上がるのかと思ったら、なぜ下がるの?

と不思議に思いますが、ファンダメンタルズは将来を予想して通貨を買うものなので、噂で買って(安い所で買って)事実で売る(高くなった所で売る)現象が起こります。

 

まとめ

市場は噂が出ている段階が盛り上がり、事実になった瞬間に注目が終わることがあります。

なので正式発表が出るまで待っていたら乗り遅れたり、公式声明後にひとり乗った頃にはそこが底値や天井になっており、そこから反転して高値や安値掴みになることも…。

ファンダメンタルズで相場のビッグウェーブに乗るためには、この「バイ・ザ・ルーモア、セル・ザ・ファクト」を教訓に、噂の段階にこそ注目していきましょう。

いっちゃん
今回は“利上げ”で説明しましたが、その他の金融政策や政治・経済ニュースや経済指標でも考え方は一緒です☺

 icon-heart 合わせて読みたい → 自分から探しに行こう!「ファンダメンタルズの情報収集法」4選

 

いっちゃんの順張り手法

関連記事

© 2020 FX投資家いっちゃんのブログ Powered by AFFINGER5