知らないと乗り遅れるかも!?「バイ・ザ・ルーモア、セル・ザ・ファクト」とは

FXをしている方なら一度は耳にしたことがあるのが、「バイ・ザ・ルーモア、セル・ザ・ファクト」という相場格言ではないでしょうか。

個人的には、ファンダでの投資のコツを表した重要な教えのひとつだと思っています。(*^^*)✨

この言葉や意味を知らないと、ひとりだけ相場に乗り遅れてしまう…ということも起こり得ますので、しっかりと覚えていきましょうね☺

「バイ・ザ・ルーモア、セル・ザ・ファクト」とは

相場格言のひとつである「Buy the rumor, Sell the fact(バイ・ザ・ルーモア、セル・ザ・ファクト)」は、「噂で買って事実で売る」という意味です。

投資家は貪欲ですので、みんな「良いところで買いたい‼o(*>ω<*)o」と思っています。そのため、まだ公式に発表がある前に相場を先読みして(噂の段階で)ポジションを持とうとするため起こる現象です。

では、具体的にどういったことかチェックしていきましょう💡

「バイ・ザ・ルーモア、セル・ザ・ファクト」はなぜ起こる?

FXの「バイ・ザ・ルーモア、セル・ザ・ファクト」とは

たとえば好景気になり「中央銀行がそろそろ利上げをするかもしれない」と噂が出始めたら、価格の爆上げを期待して、まだ安い段階からその国の通貨を買う人々が増えていき価格が上がっていきます。

これによりもともと安価だった通貨は上昇していき、それに追随して買う人も増えて、噂が事実になるころには、市場ではすでに「利上げ」という情報は織り込まれた価格に到達しているんですね。

そして買いポジションを持っている人たちは、この安く買った通貨を「高く売りたい」と考えます。

正式に利上げが表明されるときには、もう“利上げ”という情報で上がる価格までいっており上昇の余力は少ししかないので、今度は発表と同時に(事実になったら)利益確定の売り出て価格が下がるのです。

初心者さん
公式に発表されてここから上がるのかと思ったら、なぜ下がるの?

と不思議に思いますが、ファンダメンタルズは将来を予想して通貨を買うものなので、噂で買って(安いところで買って)事実で売る(高くなったところで売る)現象が起こります。

 

まとめ

市場では噂が出ている段階がいちばん盛り上がって、事実になった瞬間に注目が終わることがあります。

なので正式発表が出るまで待っていたら乗り遅れたり、「利上げが発表された!」と公式声明後にひとり乗った頃にはそこが頂点になっておりそこから下落していく高値づかみになることも…。

相場で大きな流れをつくるのはファンダメンタルズなので、ビッグウェーブに乗るためにも、この「バイ・ザ・ルーモア、セル・ザ・ファクト」を教訓に、噂の段階にこそ注目していきましょう。(*^^*)v

ケンタ
今回は“利上げ”で説明したけれど、その他の金融政策や政治・経済ニュースや指標でも考え方は一緒だよ!
ペペロン
了解にゃね😊🌷

 icon-heart 合わせて読みたい → 自分から探しに行こう!「ファンダメンタルズの情報収集法」4選

絶賛販売中!
EMAいったんでは、『スキャルピングインジケーター』や『教材』の販売がございます。順張り手法をマスターしたい方はぜひお申し込みくださいませ(*^^*)

 

ドル円5分足のスキャルインジ
マルチタイムフレーム分析を習得

関連記事

♡ Follow me ♡

【YOU TUBE】
チャンネル登録をお願いします♡

【twitter】
FX情報をリアルタイムで配信!

【Instagram】
プライベート写真がメインです☆

Archive

ページ上部へ戻る