どの通貨が買われやすい?「リスクオン・リスクオフ」の意味とは

どの通貨が買われやすい?「リスクオン・リスクオフ」の意味とは

経済ニュースを見聞きしていると「リスクオン相場になり円高になった」「リスクオフ相場になり資源国通貨が買われた」などという言葉をよく聞きますよね。

この「リスクオン」「リスクオフ」という言葉を知ることは投資をする上で大事ですし、大きなニュースが入ったときに相場の流れを見極めて利益を得るための戦略ともなります。

リスクオン・リスクオフとは

FXをはじめ、投資の世界に100%はありませんので、投資家は「たくさん稼ぎたい」欲望と「お金を失うかもしれない」危険に怯えている…という、ふたつの気持ちをつねに持っています。

だからこそ、経済的に良いニュースが出れば「もっと投資をしてお金を稼ごう」と勝負に出ますし、悪いニュースが起これば「資産を減らさないように…」と守りに入ります。

その大衆心理の気持ちと相場の関係を表したのが「リスクオンリスクオフ」という言葉です。

リスクオン相場

リスクオン相場になるのはどんなときかと言うと、

 icon-heart 金利が上がる

 icon-heart 株価が上がる

 icon-heart 経済指標の結果が良かった

 icon-heart 地政学リスクが後退した

といったポジティブなニュースがあり、景気が見通しが良くなるときです。

こうなると投資家は、

トレーダー
ハイリスクハイリターンで、どんどん儲けよう‼

と考えます。

買われやすい通貨

景気の先行きがよくなることを感じさせる相場になれば、多少リスクのある投資先であっても、大きなリターンが期待できるものが買われます。

 icon-heart 金利の高い新興国通貨(トルコリラ・メキシコペソ・南アフリカランド)

 icon-heart 資源国通貨(豪ドル・カナダドル・NZドル)

といった通貨が人気になります。

スポンサーリンク

リスクオフ相場

逆に、リスクオフ相場になるのはどんなときかと言うと、

 icon-heart 金利が下がる

 icon-heart 株価が下がる

 icon-heart 経済指標の結果が悪い

 icon-heart 地政学リスクが悪化する

といったネガティブなニュースがあり、景気が見通しが悪くなるときです。

こうなると投資家は、

トレーダー
資産を失ったらこわいから、安全なところにお金を移動させよう💦

と考えます。

買われやすい通貨

景気の先行きが不安になりそうな相場になれば、リスク資産はあまり持ちたくないので、多少利回りが悪かったとしても、なにかが起こっても大丈夫なように安全な資産が買われます。

 icon-heart 世界の基軸通貨であるドル

 icon-heart 安全資産として有名な円やスイスフラン

といった通貨が人気になります。

 

まとめ

「リスクオン」「リスクオフ」は、相場に大きな流れをつくる際によく出てくる言葉です。

意味や売買されやすい通貨を知っておけば、いざポジティブ・ネガティブなニュースが出た際に、うまく相場の波に乗っていくことができますので、ぜひ覚えていってくださいね😊💡

 icon-heart 合わせて読みたい → 国が違えばこう変わる!「ドル・ユーロ・円・ポンド」各通貨の特徴

無料コンサルコースを実施中!
順張りいっちゃんFXでは、添削付きの「無料コンサルコース」がございます。順張りトレードをマスターしたい方はぜひお申し込みくださいませ(*^^*)

 

関連記事

ページ上部へ戻る