まったりトレードで130pips!「4時間足をメイン」にしたエントリー手法

(Nenad Aksic /Shutterstock.com)

※ 今回はこちらに記載している私のエントリーパターンのひとつ「日足のボリンジャーバンド±2σに隙間があるorバンドウォークをしている+4時間足がトレンド中での±1σ・MA・ML反発+1時間足の中段保合い+5分足のトレンドレス」のFT2を使用した補足投稿です。

私が最も好きなのが、4時間足をメインにした順張り手法です。1時間の順張りよりも大きな利益を得られて、日足の順張りよりも手軽にできるので、リアルトレードの8割は4時間足でウハウハさせてもらっています。(*゚∀゚*)うはうは

みなさまにも、ぜひ4時間足を大好きになっていただければと思います! それでは、早速チャートを見ながら解説いたしますね。(*・ω・)ノ

 

マルチタイムフレーム分析

では早速、各時間足の流れを見ていきましょう!

 

日足は-2σまで隙間がある

日足は①のラインを抜けてアップトレンドになっていましたが、長い陰線をつけて下落。これだけ一瞬にして大きく下落しているので政治・経済的な要素があったと考えられ、テクニカルだけでなくファンダ的にも下への圧力がありそうです。

今はMA・MLも抜けてトレンドレスの下段にいる場面。日足ボリンジャーバンド-2σにも隙間があり、下落しようと思えば、この-2σ付近まで行けそうですね。

 

4時間足はダウントレンドML反発

4時間足は直近Aの安値をブレイクして、MA・MLも下に傾きがあり、雲も抜けていることから短期的にはダウントレンドと判断できます。

ちょうど4時間足のMLにぶつかっており、日足にも-2σに隙間があることからこのまま滑り落ちてくれるのではないかとシナリオが立てられます。

 

1時間足はフラッグ中段保合い

1時間足ではダウントレンドでしたが、ローソク足がMLを実体で割ってレンジ入り。今はBラインの安値圏で長いヒゲを何本か出して下がりきれず、上昇していっています。

日足や4時間足では下落しそうですが、1時間足のBラインの下値の堅さを見る限り、これがローソク足のほうからMLに近づいている中段持ち合いのフラッグになるのか、それともこのままトレンドが反転して上昇していくのか、少し判断が難しいところです。

こういうときは下位足での細かな値動きを確認して、下落するのかこのまま上がっていくのか確認していきましょう。

 

5分足はアップトレンド

5分足では勢いよく上昇していましたが、ちょうど4時間足のMLにぶつかったところで長い陰線を出して下落。再度上昇しようとするも、高値更新できずにまた長い陰線で止められてダブルトップの形状になっています。

5分足で抑えられたのを見る限り、1時間足は中段保合いのフラッグと認識できますね。

下落の勢いが強いと見れるので、ここでエントリーしてみましょう!

 

結果はどうでしょうか?

【日足】

 

日足では大きく下落してボリンジャーバンドの-2σ付近までいきましたね。ボラがある相場だったので約2日で130pipsゲットできる相場環境でした。

【4時間足】

4時間足はMLで反発してそのまま下落していきました!

【1時間足】

1時間足ではエントリー度にもう一度上昇してきましたが、高値は更新できずに1時間足レベルでダブルトップになり下落。一度戻りをつけたことで、下値が堅そうだったBラインもすんなりと抜けていきましたね。

【5分足】

5分足ではエントリー後に建値まで戻ってきていますが、高値は更新できずに勢いよく下落していきました。(*゚∀゚*)

 

4時間足はゆったりトレードで大きな利益が狙えるため、あまりチャートを見る時間がない方にオススメです。ぜひシナリオを立てる際の参考にしてみてくださいませ(*・ω・)ノ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る