FXは専業と兼業どっちがいい?私が専業を選ばなかった理由は…

FXは専業と兼業どっちがいい?私が専業を選ばなかった理由は…

FXをされている方の中には、「いつか専業に…」と夢を抱いていらっしゃる人は多いですよね。

かくいう私は、FXとはまったく関係ない仕事をフリーランスでやっています。自宅で働いているので、形態的にはいつでもチャートが見られるため専業のようですが、収入源はまた別に持っているんですね😊💰

兼業vs専業問題はみなさま気になるようで、「どうして専業にならないんですか?」「専業を目指してますがどうですか?」と聞かれることが幾度となくあるので、私なりの考えをまとめてみました。

FXは専業or兼業のどちらがいいのか

専業か兼業のどちらがいいかと言えば、私は断然「兼業トレーダー」だと思っています。

FXはなによりも明日がわからない世界です。一般的な仕事のように今月頑張ったからといって、来月必ずお金がもらえるわけではありません。

FXで稼いでいる方が別事業をしていると、

通行人
それだけ稼げるなら、働かなくてもいいじゃん。

と、よくおっしゃる方がいます。

かつては私も「FXで稼げるようになったら、私だったらニートだなぁ」と思っていましたが…現実にそこそこのお金を得られるようになり、相場を知るほど自分の本業である仕事は絶対にやめられないです⚠

FXとは「別の収入」があったほうが安全

私の経験から兼業であるべきだと思った理由をお話しすると、金銭的な余裕を持つことの大切さです。

自分の勝ちパターンは毎日はきません。相場環境や時間が揃わなければ月2回しかトレードできないこともあります。そんな時も月初めにその2回を取れていればいいですが、25日頃まで一度も入れないことも…。

いっちゃん
今月はもしかして0円…?

この1日〜25日までのあいだは、ひたすら悶々とするわけです。笑 だからといって闇雲に取引をすれば-100pipsに陥るかもしれません。でもエントリーをしなければお金は入らない。

専業トレーダーであれば、頭がパニックになる瞬間です。

ただ、ここできちんとFXトレードの収入以外の仕事を持っていれば、「今月入れなくても生活できるから大丈夫」と、勝率が低い場所で焦って入らなくてすみます。

そしてやっときた、ほんとうに勝てる場所だけで2回入ることで大きなお金を得られるんです。

FXではなによりも心のゆとりが大事なので、良いトレードをする上でも、金銭的なゆとりがあることが、結果としてさらなる利益を生みます。

スポンサーリンク

FXが幸せのきっかけにはなる

ただ、こういうと「FXで稼げるようになっても仕事からは抜け出せないのかなぁ…」と絶望を感じる方がいるので、ポジティブなお話しをすると二足のわらじを履くことで、精神的にはラクになります。

万が一、

 icon-heart FXでお金を得られなくても本業で生活はまかなえる

 icon-heart 本業を失ったとしてもFXの稼ぎがあるから生活できる

なので、どちらか片方に依存しなくてもうまくいきますね。

きっと仕事にたいしてイライラするのは、理不尽な扱いをされて嫌なことを求められても、「でも生きていくためには、この会社で働かないといけない」と、逃げ場がないのが苦しくなる原因だと思います。

FXで副収入を持つことで、「俺(私)は辞めようと思えばいつでも辞められるんだぞ‼️」と心にもゆとりが生まれ、意地悪な上司や先輩の小言も鼻で笑えるのではないかな…と思います。(*^^*)笑

またFXでお金を稼いで、起業してやりたい仕事をするのもひとつの手です。私のこのブログも、FXを得たお金でずっと作りたかったWEBメディアを製作+収入源となっています😊💡

 

まとめ

「専業と兼業だったらどちらを薦めますか?」と言われたら、断然「兼業」とお答えします。現実に、兼業のときはうまくいっていたけれど、専業になった途端にダメだった…という方も多い世界なのでね😥

私も初心者の頃は、

いっちゃん
いつかはFXだけで食べていくんだ💓

と思っていました。

しかしFXは不確かで100%がない世界なので、いくら稼ごうと未来への不安感は募っていくため、むしろ投資をはじめる前よりも真面目に本業を頑張っていますよ〜。(*^▽^*)笑

FXでは金銭的なゆとりを持つことが勝つための秘訣でもあるので、ぜひ稼げるようになってもどのような形であれトレードとは別の収入源を持ち、資金の安定を計ってほしいな〜と思います☺☀

 icon-heart 合わせて読みたい → 10万円&100万円稼ぐには…「月にどれくらいのpipsを取るべき?」

無料コンサルコースを実施中!
順張りいっちゃんFXでは、添削付きの「無料コンサルコース」がございます。順張り手法をマスターしたい方はぜひお申し込みくださいませ(*^^*)

 


関連記事

Archive

ページ上部へ戻る