FX基礎知識

どういう意味?証券会社の注文画面に表示される「建玉」とは

どういう意味?証券会社の注文画面に表示される「建玉」とは

証券会社の注文画面に記載されている「建玉」。

この言葉の意味を知らないでいると、「自分がどの通貨ペアをまだ決済していないのか」がわからなくなるので、しっかりと理解していきましょう!

建玉とは

建玉(たてぎょく)とは、まだ決済せずに保有している通貨ペアのことを指します。エントリーをして、利確もしておらず、損切りにも遭っていないものです。

この建玉の使い方は、冒頭でお話したように証券会社の注文画面で記載されることがほとんどで、自分がまだ行方を見守っている通貨があることを表しています。

  • 買いで入っているものを「買建玉」
  • 売りで入っているものを「売建玉」

と買いと売りによって分けて表示されることもあるので、覚えておきましょう😊

建玉はポジションと呼ばれる!

証券会社の注文詳細画面などでは“建玉”と記載されますが、一般的には投資家の間ではこのエントリーをして未決済を表す建玉は“ポジション”と呼ばれることが多いです。

 icon-heart ポジションについては『トレーダー同士の会話で必須!“ポジション”の言葉の意味や使い方を覚えよう』で深掘りしていますので、ぜひあわせてご覧になってくださいね。

 

まとめ

初心者さんの頃は、あれこれとエントリーをして、ついついたくさんの通貨ペアを保有しがちになり、決済を忘れてしまうものもありがち。

この建玉に売買が残っている場合は、自分がまだ保有したままの通貨があることを表していますので、忘れずに決済を行いましょう♪

 icon-heart 合わせて読みたい → 利益にならない…「天井で売り」「底値で買い」がダメな理由3つ

FX投資家いっちゃんの手法を0から学ベる無料コンサルコース開催中♪

いっちゃんの「無料手法公開コース」の会員サイト

(当サイトよりもさらに具体的な手法を公開しているコンサル生専用の会員サイトがあります♪)

FX投資家いっちゃんのブログでは、プロフィールで公開しているように私が月間100万円以上を稼いでいるメソッドを【無料】で手法解説&コンサル指導しています。

実践に向けての知識を着実に積んでいただけるカリキュラムになっており、私本人が各課題に応じてアドバイスや添削も行っていますので、間違った知識は正しながら学ぶことができるものです。(FXのご相談も大歓迎ですよ~♪)

FX初心者・未経験者の方教材を購入する余裕がない方でも無料でご参加いただける企画になっていますので、興味がある方はお気軽にお申込みください(*^^*)

いっちゃん
本無料コンサルは2018年にスタートし、これまでに2,000人以上の方がご卒業し、投資家となりました。私自身、雑誌での長期連載経験があるなど、きちんと実績のあるトレーダーですので、どうぞ安心してご参加くださいませ。

    【無料コンサルのお申込みフォーム】

    ※こちらのメールフォームからお申し込みいただくと、私がメールを見てから順番に返信するため1~2日前後かかる場合がございます。

    「すぐに勉強を始めたい!」という方はこちらからどうぞ→【早くコンサルコースへ加入したい方専用のお申し込みフォーム】(自動対応)

    FX手法を詳しく解説した教材も販売中!

    いっちゃんの順張り手法

    関連記事

    error: Content is protected !!

    © 2022 FX投資家いっちゃんのブログ Powered by AFFINGER5