FX基礎知識

トレーダー同士の会話で必須!「ポジション」の言葉の意味や使い方を覚えよう

トレーダー同士の会話で必須!「ポジション」の言葉の意味や使い方を覚えよう
ドル円のロング「ポジション」を利確した✨
新規でユーロドルのショートポジションを持った。

FXをしていると上記のような文は、SNSやブログ、動画でよく見聞きしますよね。

初心者さんにとって、この「ポジション」の意味や使い方がわかると、他のトレーダーさんと会話をする際にトレードの詳細が伝わりやすくなるので覚えていきましょう♪

ポジションとは

ポジションとは、自分が新規エントリーをして、まだ利確も損切りもしていない状態を指し、「ポジションを持っている」「ポジションを保有している」と使います。

FXには買いエントリーと売りエントリーの二択があり、ただの「ポジション」だと、どちら側のエントリーを保有しているのかがわからないため、

  • ロングポジション(買いポジション)
  • ショートポジション(売りポジション)

と売買した方向をポジションの前につけて話すと親切です。

例文を読み解いてみよう!

冒頭で例に出した文を読んでみましょう。

ドル円のロングポジションを利確した✨

は、「ドル円の買いで保有していたエントリーを利確した」ことを表しているんです。利確や損切りになった際に、この使い方をよくします。

ユーロドルのショートポジションを持った。

は、「ユーロドルの売りでエントリーを保有した」ことを表しているんです。このように新規エントリーをした際にも使うことがあります。

 

まとめ

FXをしていると、「ポジション」はなにかと使う言葉です。私のブログでもよく出てきますよね😊ぜひ覚えて、トレーダーさん同士で会話をする際に使用してください♪

 icon-heart 合わせて読みたい → 本や動画で見ると理解できるのに「実際のチャートになるとわからない」の解決法

 

いっちゃんの順張り手法

関連記事

© 2020 FX投資家いっちゃんのブログ Powered by AFFINGER5