FX基礎知識

相場の軸となる!「ドルストレート」の意味と1pipsの計算方法を解説

dollar-straight

FXを勉強しはじめると、「ドルストレート」というフレーズを見聞きするようになりますよね。実はこれ、相場において軸となる通貨を指す言葉なのです😊

ドルストレートとは

ドルストレートは、米ドル(USD)が入っているすべての通貨ペアのことを指します。

  • USD/JPY
  • EUR/USD
  • GBP/USD
  • AUD/USD
  • NZD/USD

などなど、「米ドル(USD)」が入るものはすべてドルストレートです。

ドルストレートと呼ばれる所以

なぜ“ドルストレート”と呼ばれるかというと、基軸通貨である米ドルは、通貨内で唯一「米ドルと他国の通貨」を直に交換出来るので、ストレート(直球)が付くのです。

「USD」が付かないその他の合成通貨たちはそうはいかず、米ドル以外の通貨ペア同士を売買をする際は、一度米ドルに両替えしてから取引をする必要があります。

計算方法や注意点は?「クロス円」の仕組みをわかりやすく解説

例えば合成通貨のひとつであるユーロ円の場合、日本円で一度米ドルを買い、その後ドルとユーロを交換するというシステムを取らなくてはなりません。

クロス円の仕組みについては『計算方法や注意点は?“クロス円”の仕組みをわかりやすく解説』で解説していますので、ぜひご覧くださいませ。

 icon-heart 相場の世界では、ドルストレートを中心にまわっており、その他の合成通貨はすべてこの「USD」が付く通貨に影響を受けているんですね。

いっちゃん
米ドルは世界の基軸通貨であるため、力の大きさや信頼性の高さから、ドルストレートという特別な呼称を持っており、FX界の中でもその存在はピカイチ。

ドルストレートの1pipsの計算方法

ドルストレートの通貨を、1万通貨で1pipsを取るとどうなるでしょうか。

円絡みの通貨(クロス円)であれば為替レートに関係なく1pips=100円となりますが、ドルストレート通貨の場合はドル円のレートによって1pipsの価値が変動します。

  • USD/JPYが120円であれば「1pips=120円」
  • USD/JPYが80円であれば「1pips=80円」

といった具合になるんです。

 

まとめ

米ドルが絡む通貨なのか、合成通貨なのか、の区別として「ドルストレート」という言葉を利用することは多いのでぜひ覚えましょう。

また合成通貨については、『クロス円もそのひとつ!“合成通貨”の種類やテクニカルの特徴』でもお伝えしているので、こちらもチェックして勉強してみてください😊

 icon-heart 合わせて読みたい → たったこれだけ!クロス円が「難しい理由」と「一瞬で解決する方法」

FX投資家いっちゃんの手法を0から学ベる無料コンサルコース開催中♪

いっちゃんの「無料手法公開コース」の会員サイト

(当サイトよりもさらに具体的な手法を公開しているコンサル生専用の会員サイトがあります♪)

FX投資家いっちゃんのブログでは、プロフィールで公開しているように私が月間100万円以上を稼いでいるメソッドを【無料】で手法解説&コンサル指導しています。

実践に向けての知識を着実に積んでいただけるカリキュラムになっており、私本人が各課題に応じてアドバイスや添削も行っていますので、間違った知識は正しながら学ぶことができるものです。(FXのご相談も大歓迎ですよ~♪)

FX初心者・未経験者の方教材を購入する余裕がない方でも無料でご参加いただける企画になっていますので、興味がある方はお気軽にお申込みください(*^^*)

いっちゃん
本無料コンサルは2018年にスタートし、これまでに2,000人以上の方がご卒業し、投資家となりました。私自身、雑誌での長期連載経験があるなど、きちんと実績のあるトレーダーですので、どうぞ安心してご参加くださいませ。

【2022年4月~7月末まで第25期生の募集です】

    【無料コンサルのお申込みフォーム】

    ※こちらのメールフォームからお申し込みいただくと、私がメールを見てから順番に返信するため1~2日前後かかる場合がございます。

    「すぐに勉強を始めたい!」という方はこちらからどうぞ→【早くコンサルコースへ加入したい方専用のお申し込みフォーム】(自動対応)

    FX手法を詳しく解説した教材も販売中!

    いっちゃんの順張り手法

    関連記事

    error: Content is protected !!

    © 2022 FX投資家いっちゃんのブログ Powered by AFFINGER5