FX基礎知識

相場の軸となる!「ドルストレート」の意味と1pipsの計算方法を解説

dollar-straight

FXを勉強しはじめると、「ドルストレート」というフレーズを見聞きするようになりますよね。実はこれ、相場において軸となる通貨を指す言葉なのです😊

ドルストレートとは

ドルストレートは、米ドル(USD)が入っているすべての通貨ペアのことを指します。

  • USD/JPY
  • EUR/USD
  • GBP/USD
  • AUD/USD
  • NZD/USD

などなど、「米ドル(USD)」が入るものはすべてドルストレートです。

ドルストレートと呼ばれる所以

なぜ“ドルストレート”と呼ばれるかというと、基軸通貨である米ドルは、通貨内で唯一「米ドルと他国の通貨」を直に交換出来るので、ストレート(直球)が付くのです。

「USD」が付かないその他の合成通貨たちはそうはいかず、米ドル以外の通貨ペア同士を売買をする際は、一度米ドルに両替えしてから取引をする必要があります。

計算方法や注意点は?「クロス円」の仕組みをわかりやすく解説

例えば合成通貨のひとつであるユーロ円の場合、日本円で一度米ドルを買い、その後ドルとユーロを交換するというシステムを取らなくてはなりません。

クロス円の仕組みについては『計算方法や注意点は?“クロス円”の仕組みをわかりやすく解説』で解説していますので、ぜひご覧くださいませ。

 icon-heart 相場の世界では、ドルストレートを中心にまわっており、その他の合成通貨はすべてこの「USD」が付く通貨に影響を受けているんですね。

いっちゃん
米ドルは世界の基軸通貨であるため、力の大きさや信頼性の高さから、ドルストレートという特別な呼称を持っており、FX界の中でもその存在はピカイチ。

ドルストレートの1pipsの計算方法

ドルストレートの通貨を、1万通貨で1pipsを取るとどうなるでしょうか。

円絡みの通貨(クロス円)であれば為替レートに関係なく1pips=100円となりますが、ドルストレート通貨の場合はドル円のレートによって1pipsの価値が変動します。

  • USD/JPYが120円であれば「1pips=120円」
  • USD/JPYが80円であれば「1pips=80円」

といった具合になるんです。

 

まとめ

米ドルが絡む通貨なのか、合成通貨なのか、の区別として「ドルストレート」という言葉を利用することは多いのでぜひ覚えましょう。

また合成通貨については、『クロス円もそのひとつ!“合成通貨”の種類やテクニカルの特徴』でもお伝えしているので、こちらもチェックして勉強してみてください😊

 icon-heart 合わせて読みたい → たったこれだけ!クロス円が「難しい理由」と「一瞬で解決する方法」

 

いっちゃんの順張り手法

関連記事

© 2020 FX投資家いっちゃんのブログ Powered by AFFINGER5