FX基礎知識

相場の強弱を表す!「ボラティリティ」はどんな意味があるの?

相場の強弱を表す!「ボラティリティ」はどんな意味があるの?
この通貨はボラティリティが高い😊
今日はボラティリティが低いな…⤵︎⤵︎

など、FXをしていると絶対に耳にする“ボラティリティ”。相場の動きの強弱を表す言葉で、知っておくことは大事なので、しっかりと使い方を覚えていきましょう。

ボラティリティとは

ボラティリティとは相場における値幅の狭さ・広さを表します。ボラティリティと呼ばれることもあれば、SNSなどでは略して「ボラ」と呼ばれることも多いです。

相場は、時としてバーンと大きく動くこともあれば、チマチマと小さく動くこともありますよね。この“どれくらい動いたのか”を表現する際に利用するものです。

実際の使い方を見てみよう!

値幅(変動の幅)を表現する際に使用する言葉なので、少し例を出してみていきましょう。たとえば、ドル円が普段は1日に50pips前後動いているとします。

値幅が広くなっている場合

普段は50pipsなのに、1日で100pipsも動いた場合には、値幅が広くなっているので「ボラティリティが大きい」や「ボラティリティが高い」と使うことができるんですす。

値幅が狭くなっている場合

普段は50pipsなのに、1日で20pipsしか動かなかった場合には、値幅が狭くなっているので「ボラティリティが小さい」や「ボラティリティが低い」と使うことができるんです。

 

まとめ

ボラティリティは、相場が「よく動いているのか」「あまり動いていないのか」を表現する大事な言葉です。ぜひ覚えて使用していってくださいね。

 icon-heart 合わせて読みたい → ボラティリティは「低い」or「高い」トレードが成功しやすいのはこっち!

FX投資家いっちゃんの手法を0から学ベる無料コンサルコース開催中♪

いっちゃんの「無料手法公開コース」の会員サイト

(当サイトよりもさらに具体的な手法を公開しているコンサル生専用の会員サイトがあります♪)

FX投資家いっちゃんのブログでは、プロフィールで公開しているように私が月間100万円以上を稼いでいるメソッドを【無料】で手法解説&コンサル指導しています。

実践に向けての知識を着実に積んでいただけるカリキュラムになっており、私本人が各課題に応じてアドバイスや添削も行っていますので、間違った知識は正しながら学ぶことができるものです。(FXのご相談も大歓迎ですよ~♪)

FX初心者・未経験者の方教材を購入する余裕がない方でも無料でご参加いただける企画になっていますので、興味がある方はお気軽にお申込みください(*^^*)

いっちゃん
本無料コンサルは2018年にスタートし、これまでに2,000人以上の方がご卒業し、投資家となりました。私自身、雑誌での長期連載経験があるなど、きちんと実績のあるトレーダーですので、どうぞ安心してご参加くださいませ。

【2022年1月~3月末まで第24期生の募集です】

    【無料コンサルのお申込みフォーム】

    ※こちらのメールフォームからお申し込みいただくと、私がメールを見てから順番に返信するため1~2日前後かかる場合がございます。

    「すぐに勉強を始めたい!」という方はこちらからどうぞ→【早くコンサルコースへ加入したい方専用のお申し込みフォーム】(自動対応)

    FX手法を詳しく解説した教材も販売中!

    いっちゃんの順張り手法

    関連記事

    error: Content is protected !!

    © 2022 FX投資家いっちゃんのブログ Powered by AFFINGER5