FX基礎知識

お堅い書籍によく出てくる…「約定」や「約定価格」の意味を解説

お堅い書籍によく出てくる…「約定」や「約定価格」の意味を解説

FXをしていると、たまに目にする「○○円で“約定した”」という言葉。

この“約定”をそのまま辞書で調べると、「約束して決めること」「取り決めを結ぶこと」となりますが、投資においては単語の使い方が少し変わります。

約定とは

投資では、「約定(やくじょう)」は取引で売買が成立したことを指すんです。

FXでは、決済は以下のように2パターンありますが、

  • エントリーをして、利確をした
  • エントリーをして、損切りをした

と、トレードの結果がプラスで終えた場合もマイナスで終えた場合も、どちらも「約定した」と使用することができます😊

約定価格

また売買が成立した価格は“約定価格”や“約定レート”と呼びます。

例えば、USD/UPYを「100円の時に買いエントリー」をして、「101円になった時に利確」をした場合は、この決済した値段である101円が約定価格となるんです。

 

まとめ

一般投資家は、“約定”とまどろっこしい言葉は使わずに、「○○円で利確」「〇〇円で損切り」と“金額+利確or損切り”で自身のトレード結果を表すことが多いです。

ただお堅い書籍やコラムなどでは、「約定」「約定価格」といった正規の表現で売買状態を表すこともありますので、ぜひ言葉の意味では頭の片隅に入れておいてくださいね。

 icon-heart 合わせて読みたい → 利益を最大限に伸ばす!テクニカルに合わせて動かす「トレール注文」の実践的な使い方

 

いっちゃんの順張り手法

関連記事

© 2020 FX投資家いっちゃんのブログ Powered by AFFINGER5