何pipsで入れるのが正解?利益が溜まる「正しい損切り幅」とは

何pipsで入れるのが正解?利益が溜まる「正しい損切り幅」とは
(Nina Buday/Shutterstock.com)

損切りを入れるときに「ただなんとなく」で決める方がいらっしゃるのですが、正しい損切り幅を意識していないと、コツコツドカンになり「いつまで経っても利益が溜まらない」ということにもなります。

損切りと上手に向き合っていくことも投資家としてはとても大事ですので、今日は私がいつも意識している損切り幅についてお話していきますね。(*^^*)v

正しい損切り幅とは

FXの「正しい損切り幅」

損切りを置く際に意識することは、自分がエントリーしようとしている場所にたいして、どれくらいの利益が取れるのかを見て、その利益の半分以下を損切り幅に設定しましょう。

いわゆる「利益対損失が2:1」以上になる場所に入れることです。

例を出すと、

 icon-heart 利益が+20pips狙える場所なら、損切りは-10pipsの場所に置く

 icon-heart 利益が+40pips狙える場所なら、損切りは-20pipsの場所に置く

 icon-heart 利益が+60pips狙える場所なら、損切りは-30pipsの場所に置く

ということです💡

上記はあくまでも例なので、利益が+60pips取れるけれど、損切りは-10pipsで済みそうな場所であれば、無理して-30pipsに入れずに、低い数値に設定しましょう。

また一点注意点を挙げると、-10pipsも-30pipsもすべて同じロット数で行うと、収支が安定しませんので、損失が上がる際はロット数は低めに設定してくださいね。

損失対利益が大事な理由

FXをする上では、損失対利益「1:2」以上になる場所で損切りを入れるのがトレーダーとして成功する鍵です。なぜ利益と損失を倍にする必要があるのか、実際にpipsを参考にしながら見ていきましょう😊✨

損失対利益を守らないと資金が減る

では、利益対損失がよくないとどういったことが起こるでしょうか。

 icon-heart 利益が20pips狙える場所に、損切り20pipsを置く

利益対損失が1:1では、利益を得ても損切りで吐き出して…を繰り返していつまで経ってもお金が貯まらず、相場環境によってはマイナスに転じることもあります。

 icon-heart 利益が20pips狙える場所に、損切り40pipsを置く

利益対損失が1:2では、利益を得たと思っても損切りで倍のお金を吐き出すのでコツコツドカンとなりますし、トレードすればするほどお金を失うことにもつながるでしょう。

損失対利益が同等、もしくは損失のほうが多い場合は、勝率が80%以上はないと安定した利益につながりません。しかしFXの世界ではこれだけ高勝率を維持し続けるのは、プロでもなかなか難しいです。

損失対利益を守れば資金が増える

では、利益対損失が良いとどういったことが起こるでしょうか。

 icon-heart 利益が20pips狙える場所に、損切り10pipsを置く

利益対損失が2:1では、たとえ損切りに遭っても倍の利益が得られるので、勝率50%(10回中5回しか勝てない)としても「+50pips」ときちんと利益になっていきます。

 icon-heart 利益が60pips狙える場所に、損切り20pipsを置く

利益対損失が3:1では、利益のほうが損失よりも遥かに多くなるため、もしも勝率が30%(10回中3回しか勝てない)まで落ちても、収入はプラスになります。

ほんとうに超初心者のうちであれば、勝率30〜50%もあればいいほうですので、利益にくらべて損失幅が狭くなるようなエントリーを心がけるのは非常に大切なんですね🐱💕

pipsだけで決めるのは危険

ただこれだけ損切り幅についてお話しましたが、じつは損切りをpipsだけで決めるのはNGです。

リスクリワードの面では利益対損失の幅で決めるのは大切ですが、pipsだけを重視して決めるとどうしてもチャート上の根拠がないところ=中途半端なところに損切りを置くことになりがちです。

勝率が高いトレードをする上では、pipsと合わせて損切りの置き場所を見極める極めることも重要ですので、『損切り後にいく…を回避!無駄に狩られない“損切りの置き場所”』もぜひチェックしてくださいね。

 

損切りは正しい幅で入れていけば、勝率が低くてもきちんと利益につながりっていきます。利益に対して半分以下の場所に損切りを置くように意識して、資金を守っていきましょう😊🌸

 icon-heart 合わせて読みたい → こうやって利用するのが正解!「移動平均線」の効果的な使用方法

絶賛販売中!
EMAいったんでは、『スキャルピングインジケーター』や『教材』の販売がございます。順張り手法をマスターしたい方はぜひお申し込みくださいませ(*^^*)

 

ドル円5分足のスキャルインジ
マルチタイムフレーム分析を習得

関連記事

♡ Follow me ♡

【YOU TUBE】
チャンネル登録をお願いします♡

【twitter】
FX情報をリアルタイムで配信!

【Instagram】
プライベート写真がメインです☆

Archive

ページ上部へ戻る