FX基礎知識

「USD」「EUR」「GBP」ってなに?通貨コードの見方を解説

「USD」「EUR」「GBP」ってなに?通貨コードの見方を解説

FXをしていると必ず目にするようになる「USD」「EUR」「GBP」「JPY」といった名称。トレードの取引画面にも“USD/JPY”と通貨コードでの選択になっています。

USDは米ドル、JPYは日本円といったことはなんとなく分かるけれど、初心者さんにとっては「EURやGBPとはなんぞや!?」と思うもの。

いっちゃん
私も始めたばかりの頃に「GBPとは 通貨 どこの国」とググっていました(´∀`*)笑

通貨の名称(通貨コード一覧)

FXでの通貨の表示方法は、アルファベット3文字の通貨コードで表されます。

  • USD ・・・アメリカドル
  • EUR・・・ユーロドル
  • GBP・・・ポンドドル
  • JPY・・・日本円
  • AUD・・・オーストラリアドル(豪ドル)
  • CAD・・・カナダドル
  • NZD・・・ニュージーランドドル
  • CHF・・・スイスフラン
  • CNY・・・人民元
  • SEK・・・スウェーデンクローナ
  • NOK・・・ノルウェークローネ
  • HUF・・・ハンガリーフォリント
  • MXN・・・メキシコペソ
  • CZK・・・チェコ・コルナ
  • TRY・・・トルコリラ
  • ZAR・・・南アフリカランド

ざっとこのような感じです😊

通貨ペアの見方

FXでは二ヶ国間の通貨を売買するので、通貨ペアで表示されます。

その場合はふたつの国の通貨が「/(スラッシュ)」を挟んで並びますが、上記の通貨コードと見方は変わらず、

  • USD/JPY・・・アメリカドルと日本円
  • EUR/GBP・・・ユーロドルとポンドドル
  • AUD /NZD・・・オーストラリアドルとニュージーランドドル

などと見ていくんです💡

どちらの国の通貨を先に明記するかは世界共通の決まりがあり、「JPY/USD」「GBP/EUR」「NZD/AUD」と反対に記載することができないので気をつけましょう。

そしてチャートを見る際には、左側の通貨が基軸となって動きます。

USD/JPYでは、アメリカドルが左、日本円が右にきているので、チャートが右肩上がりに上昇すればドルが高く、下降すればドルが安くなっているのを表します。

まとめ

通貨コードを理解していないと、自分がトレードをしたい国の通貨がわからずに、間違えて違う通貨を選択したり、売買できなかったり…ということにつながります。

しっかりと覚えていきましょう😊

 icon-heart 合わせて読みたい → 国が違えばこう変わる!「ドル・ユーロ・円・ポンド」各通貨の特徴

FX投資家いっちゃんの手法を0から学ベる無料コンサルコース開催中♪

いっちゃんの「無料手法公開コース」の会員サイト

(当サイトよりもさらに具体的な手法を公開しているコンサル生専用の会員サイトがあります♪)

FX投資家いっちゃんのブログでは、プロフィールで公開しているように私が月間100万円以上を稼いでいるメソッドを【無料】で手法解説&コンサル指導しています。

実践に向けての知識を着実に積んでいただけるカリキュラムになっており、私本人が各課題に応じてアドバイスや添削も行っていますので、間違った知識は正しながら学ぶことができるものです。(FXのご相談も大歓迎ですよ~♪)

FX初心者・未経験者の方教材を購入する余裕がない方でも無料でご参加いただける企画になっていますので、興味がある方はお気軽にお申込みください(*^^*)

いっちゃん
本無料コンサルは2018年にスタートし、これまでに2,000人以上の方がご卒業し、投資家となりました。私自身、雑誌での長期連載経験があるなど、きちんと実績のあるトレーダーですので、どうぞ安心してご参加くださいませ。

【2022年4月~7月末まで第25期生の募集です】

    【無料コンサルのお申込みフォーム】

    ※こちらのメールフォームからお申し込みいただくと、私がメールを見てから順番に返信するため1~2日前後かかる場合がございます。

    「すぐに勉強を始めたい!」という方はこちらからどうぞ→【早くコンサルコースへ加入したい方専用のお申し込みフォーム】(自動対応)

    FX手法を詳しく解説した教材も販売中!

    いっちゃんの順張り手法

    関連記事

    error: Content is protected !!

    © 2022 FX投資家いっちゃんのブログ Powered by AFFINGER5