FX基礎知識

「USD」「EUR」「GBP」ってなに?通貨コードの見方を解説

「USD」「EUR」「GBP」ってなに?通貨コードの見方を解説

FXをしていると必ず目にするようになる「USD」「EUR」「GBP」「JPY」といった名称。トレードの取引画面にも“USD/JPY”と通貨コードでの選択になっています。

USDは米ドル、JPYは日本円といったことはなんとなく分かるけれど、初心者さんにとっては「EURやGBPとはなんぞや!?」と思うもの。

いっちゃん
私も始めたばかりの頃に「GBPとは 通貨 どこの国」とググっていました(´∀`*)笑

通貨の名称(通貨コード一覧)

FXでの通貨の表示方法は、アルファベット3文字の通貨コードで表されます。

  • USD ・・・アメリカドル
  • EUR・・・ユーロドル
  • GBP・・・ポンドドル
  • JPY・・・日本円
  • AUD・・・オーストラリアドル(豪ドル)
  • CAD・・・カナダドル
  • NZD・・・ニュージーランドドル
  • CHF・・・スイスフラン
  • CNY・・・人民元
  • SEK・・・スウェーデンクローナ
  • NOK・・・ノルウェークローネ
  • HUF・・・ハンガリーフォリント
  • MXN・・・メキシコペソ
  • CZK・・・チェコ・コルナ
  • TRY・・・トルコリラ
  • ZAR・・・南アフリカランド

ざっとこのような感じです😊

通貨ペアの見方

FXでは二ヶ国間の通貨を売買するので、通貨ペアで表示されます。

その場合はふたつの国の通貨が「/(スラッシュ)」を挟んで並びますが、上記の通貨コードと見方は変わらず、

  • USD/JPY・・・アメリカドルと日本円
  • EUR/GBP・・・ユーロドルとポンドドル
  • AUD /NZD・・・オーストラリアドルとニュージーランドドル

などと見ていくんです💡

どちらの国の通貨を先に明記するかは世界共通の決まりがあり、「JPY/USD」「GBP/EUR」「NZD/AUD」と反対に記載することができないので気をつけましょう。

そしてチャートを見る際には、左側の通貨が基軸となって動きます。

USD/JPYでは、アメリカドルが左、日本円が右にきているので、チャートが右肩上がりに上昇すればドルが高く、下降すればドルが安くなっているのを表します。

まとめ

通貨コードを理解していないと、自分がトレードをしたい国の通貨がわからずに、間違えて違う通貨を選択したり、売買できなかったり…ということにつながります。

しっかりと覚えていきましょう😊

 icon-heart 合わせて読みたい → 国が違えばこう変わる!「ドル・ユーロ・円・ポンド」各通貨の特徴

 

いっちゃんの順張り手法

関連記事

© 2020 FX投資家いっちゃんのブログ Powered by AFFINGER5