ファンダメンタル知識

国が為替相場を動かす!「市場介入」「口先介入」とは

国が為替相場を動かす!「市場介入」「口先介入」とは

為替が一方向へ大きく動くのはトレーダーにとっては美味しい相場ですが、過度に傾きすぎるると、国によって為替介入が行われることがあります。

「市場介入」「口先介入」とは

自国の通貨の価値が、極端に安くなったり高くなったりすると、貿易や観光といったさまざまに影響を及ぼし、どちらに転んでもその国の経済にとっては好ましくありません。

そこで、通貨の値段を一定の水準にするために、政府や中央銀行は、

  • 市場介入・・・通貨の売買をして為替を動かす
  • 口先介入・・・発言だけで為替を動かそうとする

をしてレートを操作することがあります。

市場介入

国のお金を使用して、為替を動かすのが“市場介入”です。

実際に巨額のお金で通貨の売買を行うので、相場を動かすことになり、いきなり流れが反転するため、市場参加者としては最も注意しなければならないもの。

市場介入には、

  • 単独の政府・中央銀行により行われる単独介入
  • 複数の国の政府・中央銀行により行われる協調介入

の二種類があるんです。

協調介入の例としては、日本での東日本大震災が挙げられます。

地震が起こった際には、大幅な円安となり、地震で打撃を受けている中、為替による経済ダメージも大きくなるため、世界各国が協力して為替を買い支えました。

大規模なお金が投入されてレートが動くのはもちろん、「世界各国が協調介入をするからその流れに乗ろう」と市場の思惑も相まって、相場が反転していくことに。

口先介入

口先介入が、政府や中央銀行の関係者が「現段階の為替価格は好ましくない」など異を唱える発言や介入実施を示唆して、意図する方向へ相場を動かそうとする行為です。

市場介入では国によって多額のお金が投じられ、一時的であっても相場が大きく動くことになるため、市場参加者は、

今の流れに乗ってエントリーをすると介入されて大きく反転させられるかもしれない。
国が参加するなら、国と同じ方向へポジションを取ろう😁

などと、人々の心理によって、為替が反転するため、市場介入をして実際のお金を投じなくてもレートを動かす力となります。

 

まとめ

為替介入は、突然実施されることはほぼなく、まずは「口先介入」が行われて、それでも効果がない場合に「市場介入」が行われることが多いです。

相場が極端に傾きすぎると、国による参入があることを覚えておきましょう☺

 icon-heart 合わせて読みたい → 常にチェック!FXを動かす「要人発言」の意味&リアルタイムで知る方法

FX投資家いっちゃんの手法を0から学ベる無料コンサルコース開催中♪

いっちゃんの「無料手法公開コース」の会員サイト

(当サイトよりもさらに具体的な手法を公開しているコンサル生専用の会員サイトがあります♪)

FX投資家いっちゃんのブログでは、プロフィールで公開しているように私が月間100万円以上を稼いでいるメソッドを【無料】で手法解説&コンサル指導しています。

実践に向けての知識を着実に積んでいただけるカリキュラムになっており、私本人が各課題に応じてアドバイスや添削も行っていますので、間違った知識は正しながら学ぶことができるものです。(FXのご相談も大歓迎ですよ~♪)

FX初心者・未経験者の方教材を購入する余裕がない方でも無料でご参加いただける企画になっていますので、興味がある方はお気軽にお申込みください(*^^*)

いっちゃん
本無料コンサルは2018年にスタートし、これまでに2,000人以上の方がご卒業し、投資家となりました。私自身、雑誌での長期連載経験があるなど、きちんと実績のあるトレーダーですので、どうぞ安心してご参加くださいませ。

    【無料コンサルのお申込みフォーム】

    ※こちらのメールフォームからお申し込みいただくと、私がメールを見てから順番に返信するため1~2日前後かかる場合がございます。

    「すぐに勉強を始めたい!」という方はこちらからどうぞ→【早くコンサルコースへ加入したい方専用のお申し込みフォーム】(自動対応)

    FX手法を詳しく解説した教材も販売中!

    いっちゃんの順張り手法

    関連記事

    error: Content is protected !!

    © 2022 FX投資家いっちゃんのブログ Powered by AFFINGER5