トレンド&レンジ

FXで勝つためになによりも重要なのが、いまが「トレンド」なのか「レンジ」なのかを知ることです。この初歩の部分ができていないと、いくら手法を覚えても上手に使いこなすことはできません。

勉強をしていると「トレンドやレンジよりも手法が知りたい…」と考えがちですが、相場を環境認識できる基礎があってこそ、適応できる手法を見極めることができるので、しっかりと覚えていきましょう😊💕

トレンドの定義

相場が買い・売りのどちらか一方向に大きく動いている状態を「トレンド」と呼びます。よく「上昇・下降していればトレンドだ‼」と思う人は多いですが、じつはしっかりと定義があるんですね。(*^^*)

いっちゃん
私が大好きな順張りが適応できる相場です😊🍀

アップトレンドとは

FXのアップトレンド相場

アップトレンドは、

 icon-heart 高値をブレイクする

 icon-heart ローソク足は雲よりも上にいる

 icon-heart ボリンジャーバンドと移動平均線が右上に角度がある

 icon-heart 上位足のボリンジャーバンド+2σに余裕がある

アップトレンドの終了は、ローソク足がミドルラインを実体で下に抜けたところで“トレンド終了→レンジ入り”と判断します。

ダウントレンドとは

FXのダウントレンド相場

ダウントレンドは、

 icon-heart 安値をブレイクする

 icon-heart ローソク足は雲よりも下にいる

 icon-heart ボリンジャーバンドと移動平均線に右下に傾きがある

 icon-heart 上位足のボリンジャーバンド-2σに余裕がある

ダウントレンドの終了は、ローソク足がMLを実体で下に抜けたところで“トレンド終了→レンジ入り”と判断します。

トレンドの定義で重視すること

この中でも、私がもっともトレンドが発生していると判断するのに重視しているのが「ボリンジャーバンドと移動平均線の角度」と「上位足のボリンジャーバンド±2σに余裕があるか」です☺🌸

たとえ高値・安値をブレイクしても、インジケーターに角度がなかったり、上位足のボリンジャーバンド±2σに隙間がなければ、トレンドにならずダラダラと反転して方向感がなくなることも多いんですね。

逆に高値・安値のあいだにいる一般的に「レンジ」と呼ばれる相場であっても、インジケーター次第では隙間を狙ってがんがん順張りが適応できるので、ボリバンや移動平均線の形状を最も大切にしています⭐

スポンサーリンク

レンジの定義

トレンドが発生しておらず、方向感がない状態が「レンジ」です。FXの8割はレンジでできていると言われるほど、よくお目にかかるものですね☺🍀私はこのレンジ相場をおもに三種類にわけています。

レンジ

FXのレンジ相場

一般的な「レンジ」と認識されており、一定の値幅で上下するものがこちらですね。

 icon-heart 水平線のあいだを行ったり来たりする

 icon-heart ローソク足が雲に絡んでいる

 icon-heart ボリンジャーバンドがスクイーズしている

が目安になります。

またこのレンジ相場には、さまざまな種類があるんですね。詳しくは『逆張りはNG!? レンジ相場には“4種類ある”と知っていた?』で解説しているので、ご興味がある方はご覧くださいませ😊✨

中段保合い

FXの中段保ち合い相場

トレンド中に、次の一波を作るためにエネルギーを溜めているレンジが中段保合いです。

水平線のあいだを行き来するレンジ形状になっていますが、まだトレンドが継続する場面なので、ここで逆張り(画像であればショート)をすると損切りに遭うので要注意!

トレンドレス

FXのトレンドレス相場

水平線で上下に挟まれているわけでもなく、かといってトレンドが発生しているわけでもなく方向感がないままうろちょろしているのが「トレンドレス相場」です。

トレンドレス相場では、ボリンジャーバンドの±2σを基点にしてローソク足が、

 icon-heart 移動平均線・ミドルラインよりも上にいたら上段

 icon-heart 移動平均線・ミドルラインに絡んでいたら中段

 icon-heart 移動平均線・ミドルラインよりも下にいたら下段

と呼び方を分けます。

 

ページ上部へ戻る