今日はどうなる?【9月10日(月)】基本5通貨の相場環境を解説

おはようございます。先週金曜日の米雇用統計は「非農業雇用者部門:20万1,000人(前期比)、失業率3.9%、平均時給が2.9%(前年比)」と、強い結果となりました😊✨

とくになかなか伸びないことで悩まされていた平均時給でしたが、2.9%と約9年ぶりの高い伸びを記録。それにともない、FRBによる利上げ加速が意識されてドルが一気に急上昇しました📈

ただその後は、トランプ大統領が中国への追加関税について発言したこともあり、貿易摩擦激化への警戒感から急下降する場面もあり…上下に激しく動きましたね。

さて、では今日はどうなるかな? 見ていきましょう〜(*^▽^*)v

【USD/JPY】様子見

FXのチャート分析「基本5通貨の見方を解説」

日足がトレンドレス中段で、移動平均線とミドルラインに絡んでしまっているので様子見です🙅🏻💦

1時間足レベルでいえば、現在は①ラインが3点止められている強いサポートになっており、②ラインがレジスタンスになっているので、このどちらを抜けてくるかが注目ポイントです。

ただもうずっとレンジ状態であるため、①②ラインをどちらに抜けても、すぐ上下にまた次の高値・安値が控えている状態なので、相変わらずやりづらそうな相場局面になっています。(´;ω;`)

【EUR/USD】様子見

FXのチャート分析「基本5通貨の見方を解説」

日足がトレンドレス中段に入り、ミドルラインにかかってしまっているので様子見です。

直近でいえば、4時間足レベルで何度も止められている強いサポートにぶつかっているので、ここを抜けてダウントレンドになるか、それとも支えられてレンジ上限を目指すか、に注視したいところ🌸

【EUR/JPY】様子見

FXのチャート分析「基本5通貨の見方を解説」

日足がトレンドレス中段で、移動平均線とミドルラインのあいだに入り込んでいるので様子見です。ドル円の強さとユーロドルの弱さに引っ張られて、ユーロ円はかなり荒い値動きになっていますね…。

ローソク足の形状もきれいではないので、日足のトレンドレス中段に関係なく、流れがきれいになるまでは手出しはしないほうがいいです。

スポンサーリンク

【GBP/USD】様子見

FXのチャート分析「基本5通貨の見方を解説」

先週ポンドドルは、②ラインを抜けて1時間足でアップトレンドになり勢いよく上昇しましたが、日足のボリンジャーバンド+2σと直近高値にタッチしてV字で下落してきました。

これで日足のレンジ上限でWトップをつけたことになり、このままレンジの習性として上値が止められたことで下を目指す動きになるのか、それとも上に再トライしてブレイクしていくのか、が注目ポイントです。

現状のところはどちらになるかわかりませんが、①ラインがひとつのサポートになっているので、ここで支えられて上へ行くか、抜けて下へ行ってしまうかがひとつの目安かな🍀

【GBP/JPY】様子見

FXのチャート分析「基本5通貨の見方を解説」

日足がトレンドレス中段で、移動平均線とミドルラインに絡んでしまっているので様子見です。ドル円の上昇とポンドルの下落に引きづられて、ポンド円も激しい値動きになっていますね。

1時間足レベルではインジケーターも機能しておらず、水平線も引きづらい状況なので、もう少し落ち着くまでは静観するに限ります😥

 

まさかの週明けは全通貨で様子見となってしまいましたが…週明けはどちらにしろ流れがはっきりしないことが多いので、根拠が弱いところで手を出すよりまったりするのが1番です。( ´ ▽ ` )ノ

それでは、今日もみなさまにとって楽しい1日になりますように☺💕

 

 icon-heart 本ブログのMT4チャートは『XM』のものを使用しております。XMは新規口座開設時に3,000円の取引ボーナスがあるので、今なら入金しなくてもトレードができますよ🐶⚽

\XMの口座解説申し込みはこちら/

関連記事

Archive

ページ上部へ戻る