今日はどうなる?【8月27日(月)】基本5通貨の相場環境を解説

チャート予想の8月分

こんにちは。 今日はいろいろとあり、ブログの更新が遅れてしまいました。朝からアクセスして待っていてくださっていた方、ありがとうございます。_(._.*)_

明日以降からまた朝から更新していきますので、よろしくお願いいたします😊💕 では、もうロンドン時間が始まっているので、早速流れを見ていきましょう。( ・`ω・´)

【USD/JPY】様子見or狙うならロング

FXのチャート予想【8月27日(月)】USD/JPYの相場環境を解説先週は日足のボリンジャーバンド-1σに抑えられる形で上昇が止められて下落し、現在はトレンドレス中段にいるところです。日足の根拠でいえば、どちらにいくかわからないので手を出さないほうがいい状況。

ただ4時間足はトレンドレス上段or短期的にはアップトレンドと認識できる場面で、いまは4時間足のミドルにタッチしており、1時間足での下落はアップトレンド後のフラッグを形成しているとも見られる場面。

4時間足でのミドルライン反発で上昇できるようならロングで乗りたいところですが、日足の根拠的には薄いので、反発できるかはしっかりと注視していきましょう。

【EUR/USD】様子見

FXのチャート予想【8月27日(月)】EUR/USDの相場環境を解説ユーロドルは上昇の勢いも強いですが、日足レベルで抑えられている1.16224がなかなか抜けません。1時間足では一度大きく抜けるも騙しとなって戻されており、日足では上ヒゲをつけて終わりそうな気配。

もしもここが上ヒゲで終わってしまう場合は下への圧力も増えて、トレンドレス中段でどっちつかずのレンジになり、手が出せなくなる相場になる可能性があります😢💦

現在のところは、もう一度上昇にトライして1.16224ラインを上抜けるか、それとも下落して下値のサポートになっている1.15354を下抜けるか、ここが今度の流れを決めるひとつの目安になりそうです。

【EUR/JPY】様子見or狙うならロング

FXのチャート予想【8月27日(月)】EUR/JPYの相場環境を解説

日足がトレンドレス上段で、4時間足はアップトレンド中で移動平均線にぶつかっており、1時間足ではアップトレンド後の中段保合いのフラッグとも見られる場面です。

狙うならロングをしたいところですが、1時間足での戻しがかなり深いので、果たしてこれが上昇フラッグとなるのか、はたまたただの下落となるのかは、しっかりと注視して見極める必要があります。

また日足はトレンドレス内で勢いよく上昇しているとはいえ、ボリンジャーバンドが流れについていけず、まだ下へ角度を持った+1σに抑えられている状況。レジスタンスとなる可能性があるので注意しましょう。

スポンサーリンク

【GBP/USD】様子見

FXのチャート予想【8月27日(月)】GBP/USDの相場環境を解説日足がトレンドレス中段に入りこみ、移動平均線に支えられて上昇、ミドルに抑えられて下落…とカチカチとやり出してしまっているので、MAorMLをどちらかに抜けるまでは手を出せない状況になっています。

4時間足もトレンドレス下段にいて、1時間足では1.28576ラインで抑えられているので、下への圧力のほうが強そうにも感じますが、流れが明確になるまでは様子見が無難です。

【GBP/JPY】様子見

FXのチャート予想【8月27日(月)】GBP/JPYの相場環境を解説

日足はダウントレンドとはいえ、150.534円が底堅く勢いよく上昇してきましたが、買いの流れが続かずにミドルラインで抑えられて、1時間足ではダブルトップになり下落している状況です。

ただ上昇が強かったためミドルラインにもそこまで勢いがないことから、このままV字でまたガンガン下落できるかは疑問。どちらかといえば、日足のMAとMLのあいだに入り込んでいる形状に見えます。

GBP/USDと同様に、ここで「ミドルライン反発で下落!」と思っても、「移動平均線に支えられて一気に上昇!」となる危険性もあるので、もう少し流れがきれいになるまで手を出さないほうがよさそうです。

 

週明けはほぼどの通貨も様子見となりました。

週初めは値動きが乏しかったり、これまでの流れとは一気に変わったりすることもあるなどやりづらいことが多いので、流れが明確になるまで無理してトレードしないほうが良さそうです。(*^^*)

それでは、本日もみなさまにとって素敵な1日になりますように😊🌲

 

 icon-heart 本ブログのMT4チャートは『XM』のものを使用しております。XMは新規口座開設時に3,000円の取引ボーナスがあるので、今なら入金しなくてもトレードができますよ🐶🥐

\XMの口座解説申し込みはこちら/

関連記事

Archive

ページ上部へ戻る