今日はどうなる?【8月15日(水)】基本5通貨の相場環境を解説

チャート予想の8月分

おはようございます。昨日は、ユーロドル・ポンドドルがダウントレンド継続となりましたね。

個人的には、朝のチャート予想でお話した通りに、入るならポンドドルだと思っていたので、ショートを打ってみました。このエントリー解説は、後ほどブログにアップしますね😊✍

それでは、今日の相場はどうなるか見ていきましょう!

【USD/JPY】様子見

チャート予想【8月15日(水)】USD/JPYの相場環境を解説

1時間足が短期的にはアップトレンドになり、4時間足もトレンドレス上段にいる場面。ただ日足がまだ移動平均線・ミドルラインに絡んでいる状態で、全時間足で流れが揃っていないのでロングをするには微妙。

日足がトレンドレス上段に抜けでるまでは買いがしづらいですが、日足全体がもうだいぶスクイーズしているので上がったところでロングも打ちづらそうではありますね😰💦

【EUR/USD】狙うならショート

チャート予想【8月15日(水)】EUR/USDの相場環境を解説

今週はじめから日足ボリンジャーバンド-2σをローソク足が飛び出している状態が続いていましたが、昨日下落してバンドを広げたことでバンドウォークをしていると思える形状になってきました。

ただ日足に隙間がない状態だといつ大きく戻されるかわからないため、全時間足がダウントレンドですが、ショートはやはり注意が必要。もし狙うにしても直近安値orメインにした足の-2σタッチまでが無難です。

【EUR/JPY】様子見

チャート予想【8月15日(水)】EUR/JPYの相場環境を解説

昨日はEUR/JPYも4時間足ミドルライン反発で下落しようとしましたが、下がり切れていない状態で、今は切り返してきています。このまま4時間足レベルで中段保合いに入る可能性もあり。

ユーロ円はレンジ下限で急上昇しましたが、大きく下落してきた流れもあるため、まだ買いと売りが拮抗している状態。ロングorショートのどちらが勝つかはっきりするまで、手を出さないほうがいいです。

スポンサーリンク

【GBP/USD】狙うならショート

チャート予想【8月15日(水)】GBP/USDの相場環境を解説

全時間足がダウントレンドになっています。日付が変わり、また日足のボリンジャーバンド-2σに隙間ができたので、本日も下落しようと思えばできる相場です。

ただ4時間足が-2σにタッチした後にだいぶ丸まってスクイーズしてきているので、4時間足レベルで中段保合い入りすることも考えられる場面。1時間足or4時間足で反発が継続できるか要チェックです。

【GBP/JPY】様子見

チャート予想【8月15日(水)】GBP/JPYの相場環境を解説

日足はダウントレンドですが、4時間足でミドルラインを抜けて中段保合いに入りました。直近の最安値を抜けてダウントレンドが再開するか、日足レベルでの反発がくるまで順張りはしばらくおやすみです。

 

ユーロドル・ポンドドルがなかなか素敵にトレンドが継続していますね🤩✨

このふたつの通貨は、週足のボリンジャーバンド-2σにもまだ余裕があるので、戻り目をつけながらも-2σタッチまでは下落が続くのかな、とは考えています。

それでは、今日もみなさまにとって楽しい1日でありますように!o(*≧∀≦*)o

 

 icon-heart 本ブログのMT4チャートは『XM』のものを使用しております。XMは新規口座開設時に3,000円の取引ボーナスがあるので、今なら入金しなくてもトレードができますよ☺💻

\XMの口座解説申し込みはこちら/

関連記事

Archive

ページ上部へ戻る