今日はどうなる?【8月14日(火)】基本5通貨の相場環境を解説

チャート予想の8月分

おはようございます。週明けの月曜日は、ユーロドル・ユーロ円・ポン円は流れが変わって、1時間足レベルで一気に調整が入ってきましたね。では、本日はどうなるでしょうか。見ていきましょう(*^▽^*)

【USD/JPY】様子見

チャート予想【8月14日(火)】USD/JPYの相場環境を解説

昨日は長らく支えられていた110.940円を抜けて、日足のボリンジャーバンド-2σの隙間を埋めましたが、その後はV字で反発しました。

今はまだ日足・4時間足・1時間足で流れが揃っておらず、ロングもショートも打ちづらい相場。各時間でもう少しが流れが揃うまでは様子見がいいです。

【EUR/USD】様子見

チャート予想【8月14日(火)】EUR/USDの相場環境を解説

トルコ問題がまだ残っている状態なので、どういう流れになるかはファンダの流れ次第な面もあります。

テクニカル的にいえば、今日は4時間足の移動平均線とミドルラインにぶつかる場面がきそうですが、日足のボリンジャーバンド-2σにまだ隙間がない状態なので、ここを強気でショートするのはまだ危険。

現状は様子見がベストです☺🌷

【EUR/JPY】様子見

チャート予想【8月14日(火)】EUR/JPYの相場環境を解説

ドル円とユーロドルが上昇したことで、EUR/JPYも150pips近く上がり調整局面に入りました。

今日もまだ日足のボリンジャーバンド-2σに余裕がないこと、昨日一気に上昇したことから短期的な買いと長期的な売りが拮抗する場面ともなりそうなので、本日もショートは見送ったほうがいいです。

スポンサーリンク

【GBP/USD】狙うならショート

チャート予想【8月14日(火)】GBP/USDの相場環境を解説

ドル円やユーロの大きな調整に比べて上昇率は低いので、まだショートが狙える相場。日付が変わって日足ボリンジャーバンドの-2σにもわずかに隙間ができたので、下落しようと思えばできる環境です。

ただこのまま日足レベルでじわじわと戻しをつけてくる可能性もあり。

現在、1時間足レベルでレンジを形成していますが、これがダウントレンドの中段保合いの揉み合いとなるのか、トレンド転換の揉み合いとなるのかは、しっかりと見極めたいところです😊🍒

【GBP/JPY】様子見

チャート予想【8月14日(火)】GBP/JPYの相場環境を解説昨日は、ドル円に引っぱられる形でGBP/JPYも大きく急上昇しました。昨日に続き、日足のボリンジャーバンド-2σに隙間がない状態なので、ダウントレンド中ですがショートはまだ控えたいところです。

 

日足に余裕がない通貨が多く、なんともやりづらい局面が続いていますね…。勝率が低いところでエントリーをするのは良いトレーダーとはいえないので、流れが揃うまでおやすみするのも手だと思います☕

まったく関係ないんですが、昨日は左利きの日だったようですね。左利きの私は、チャートそっちのけでネットから流れてくる“左利きあるある”にずっと「わかるわかる〜(*゚▽゚*)」と共感していました。

左利きの方がいらしたら、ぜひ「左利きの日」で検索してみてください😊💻笑

それでは、今日もみなさまにとって楽しい1日でありますように☆

 

 icon-heart 本ブログのMT4チャートは『XM』のものを使用しております。XMは新規口座開設時に3,000円の取引ボーナスがあるので、今なら入金しなくてもトレードができますよ。(*゚▽゚)ノ

\XMの口座解説申し込みはこちら/

関連記事

Archive

ページ上部へ戻る