今日はどうなる?【8月13日(月)】基本5通貨の相場環境を解説

チャート予想の8月分

おはようございます。先週金曜日は、ドル円以外はファンダ的な要員もあり大きく下落しました。果たして週明けもこの流れを引き継ぐかはしっかりと注視したいところです。

それでは早速、今日の相場を見ていきましょう☺⭐

【USD/JPY】狙うならショート

チャート予想【8月13日(月)】USD/JPYの相場環境を解説長く支えられていた110.940円台を抜けましたが、そのわりには下落の勢いが弱い印象を受けます。

金曜日に発表された米CPIも強く、またトルコリラ暴落で欧州通貨がリスク回避で下がっている中で、ドル円はひっぱられずに意外と底堅いところを見るとファンダの面からみても強気でのショート狙いは微妙かも。

日足はボリンジャーバンド-2σにも開きがあり、下落しようと思えば-2σタッチまで落ちられますが、今は1時間足・4時間足もきれいな状態ではないので、よほど反発しない限りは様子見が無難です😊🍎

【EUR/USD】様子見

チャート予想【8月13日(月)】EUR/USDの相場環境を解説

トルコリラ暴落により、欧州銀行のトルコ向け債権への懸念というファンダ要因で下落しています。

全時間足がダウントレンドで揃っていますすが、1日で勢いよく下落しすぎて日足のボリンジャーバンド-2σが大きく飛び出しているので、現状は一度戻される可能性がありエントリーは見送りたい相場。

ファンダで落ちているのでこのままインジケーターを無視してグイグイ下落していく可能性もありますが、テクニカルだけ見ると根拠が強い形状になるまではショートは様子見がいいです。

【EUR/JPY】様子見

チャート予想【8月13日(月)】EUR/JPYの相場環境を解説

EUR/USDに同じくトルコリラ暴落で大きく下落しました。こちらも日足ボリンジャーバンド-2σを飛び出しており、さらに週足もトレンドレス内で-2σを抜けている状態。今週いっぱいは気をつけたいところ。

4時間足・日足のボリンジャーバンドにまだ角度があるので、トルコ関連のニュースで急上昇がない限りは数日間のうちにところどころショートは狙えそうですが、日足の形状を見るに今日は手を出さないほうがいいです。

スポンサーリンク

【GBP/USD】狙うならショート

チャート予想【8月13日(月)】GBP/USDの相場環境を解説

ポンドはブレグジット白紙離脱への懸念で下落中です。日足と4時間足はダウントレンドですが、日足はボリンジャーバンド-2σにすでにタッチしており、4時間足もボリバンがスクイーズしはじめている状態。

よほど反発したならショートを狙えますが、現在のインジケーターを見る限りは落ちたところで勢いよく下落できる形状ではないので、利確ターゲットは直近安値orメインにした足の-2σタッチが無難です。

【GBP/JPY】様子見

チャート予想【8月13日(月)】GBP/JPYの相場環境を解説

全時間足はダウントレンドですが、週足が下落の勢いが強すぎたためにボリンジャーバンドが開ききらずに-2σを抜けている状態。間近の1時間足では、上昇が少し強くなりだしているようにも見えます。

現状の4時間足と日足を見る限りは、今週中もどこかでショートを狙えそうではありますが、今日のところはテクニカル的に見てもあまり手を出さないほうがいい相場です。

 

どの通貨も、先週の流れを継続するのか、大きな調整に入って流れが変わるのかは、今後のファンダメンタル次第な面もあり、もう少し動きを見ないとなんともいえない…といった微妙な感じですね。

週明け月曜日は流れがはっきりしないことが多いので、もう少し確実な動きをするまではヘンにエントリーをせずに様子を見たほうが良さそうです。(*^^*)

それでは、今日もみなさまにとって素晴らしい1日になりますように😊✨

 

 icon-heart 本ブログのMT4チャートは『XM』のものを使用しております。XMは新規口座開設時に3,000円の取引ボーナスがあるので、今なら入金しなくてもトレードができますよ🐰🍧

\XMの口座解説申し込みはこちら/

関連記事

Archive

ページ上部へ戻る