多くのトレーダーが愛用!決済時に大活躍する「OCO注文」とは

多くのトレーダーが愛用!決済時に大活躍する「OCO注文」とは

FXでは相場がどう動くかわからないため、「もしもここまで上がってきたら売りをして、もしもここまで下がってきたら買い」と、上昇・下降の両方の動きに備えて、予約注文ができたらとても便利ですよね💡

今日は、そんなトレーダーに強い味方となってくれる「OCO注文」をご紹介していきます。

OCO注文とは

OCO注文とは「One side done then Cancel the Other order」の略で、直訳すると「ひとつが成立したら、もうひとつのオーダーはキャンセルするよ😉👍」という意味です。

その言葉のように、OCOでは買い売りふたつのパターンを想定して予約注文を出せて、相場が動いてどちらかが成立したら、残りのひとつは自動的にキャンセルになるという注文方法ですね。

OCOでは、

 icon-heart 新規の注文

 icon-heart 決済の注文

の両パターンで使うことができます。

文章だけだとわかりづらいので、実際にチャート図も見ながらチェックしていきましょうね🐶🍵

新規注文で利用するパターン

FXの「OCO注文」の説明

新規エントリーとしてOCO注文を利用する場合は、

 icon-asterisk もしもこの為替レートまできたら新規で買い

 icon-asterisk もしもこの為替レートまできたら新規で売り

と、買いと売りを想定したふたつの予約注文を出すことができます。

画像でいえば、いまはレンジの真ん中にいますが、もしも再度上昇してレジスタンスまでいったら逆張りの売り、もしも再度下降してサポートまでいったら逆張りの買いをする、新規注文を入れられるんです。

そして買いor売りのどちらかが成立されたら、片方の予約はキャンセルされます。

チャートを見る時間がなくエントリータイミングが取れない人には便利ですが、このOCO注文の場合は新規のポジションしか取れないため、「損切りが入れられない」と恐ろしいことになるので推奨しません。

スポンサーリンク

決済注文で利用するパターン

FXの「OCO注文」の説明

ポジションを保有時に決済としてOCO注文を利用する場合は、

 icon-asterisk ここまできたら利確

 icon-asterisk ここまできたら損切り

と、指値と逆指値の決済注文を両方入れることができます。

ケンタ
OCO注文の利用法としてはこちらが一般的だよ🍖
ペペロン
とっても便利だから覚えようにゃね!

画像でいえば、レジスタンスにきて逆張りの売りエントリーをしたので、もしもレジスタンスを上抜けるなら損切り、もしも下降したいったら直近安値で利確、と損切り&利確の注文を一緒に入れられます。

エントリーするまではPCを監視していても、エントリー後はいくらチャートを見ていてもトレーダーができることは神頼み以外はないため、OCO注文を入れて利確or損切りにかかるまで放置する人は多いです🌸

 

まとめ

OCO注文は、

icon-heart「新規注文」と「決済注文」のどちらかで利用できる

icon-heart 「買い」と「売り」の両パターンにそなえた注文が入れられる

icon-heart 約定されなかったほうは自動的にキャンセルされる

と特徴があるんですね。

ただ多くのトレーダーに愛用されている使い方としては、やはりポジション保有後に利確&損切りを入れる決済注文として利用するパターンですので、こちらをメインで使うのがいいかな、と思います。

OCO注文を利用すれば、エントリー後にずっとチャートを見る必要もなく、時間を有効活用できるので、楽しいトレードライフを送るためにもぜひ利用しましょう😆💕

 icon-heart 合わせて読みたい → なにが違うのかを解説!「IFD注文」「OCO注文」「IFO注文」まとめ

 

関連記事

ページ上部へ戻る