トレードの戦略にもなる!「ロングとショート」の意味と由来

トレードの戦略にもなる!「ロングとショート」の意味と由来

FX用語にある「ロング」と「ショート」という言葉。勉強し始めた頃にこの言葉を聞くと、だれしも「なにそれ? なんでそんな不思議な呼称なの?」と、思うものです(*^^*)笑

ただきちんと意味や由来を聞くと、「ふむふむ。そういうことね!」と納得できますし、この用語の起源を知るとトレードにも生きてきますので、お伝えしていきますね😊☀

FXにおける「ロング」と「ショート」とは

一般的にはロング・ショートは「長い・短い」という表現で使用されます。そのため、「なにが長いの?」「どこが短いの?」と不思議に思いますが、FXでは、

 icon-heart ロング=買う

 icon-heart ショート=売る

という意味で使われています😊💓

では、どうしてこんな名前がついたのでしょうか? 由来には諸説ありますが、その中から私が「なるほど〜」と納得した説をご紹介したいと思います(*^^*)

ロングとは

FXの「ロングとショートの意味」とは

ロング(買いエントリー)をするときには、いわゆる相場が上がり基調になっている場面です。

階段を登るときには一歩一歩進まなければならず時間も労力もかかるように、相場が上昇するときにも長い時間がかかるため、“ロング”と呼びます。

上記の画像を見ても、上昇していくときは小さな陽線で小刻みに1本ずつじっくりと上がっていくのがわかりますね。相場も登っていくのには手間がかかるんです。

ロングを保有するときには、ゆっくり上がっていくことを心して、時間だけを見て「まだこんなところにいる…。ぜんぜん上がらないからもう決済しよう」と利確するともったいないことになることも🙄

スポンサーリンク

ショートとは

FXの「ロングとショートの意味」とは

ショート(売りエントリー)をするときには、いわゆる相場が下がり基調になっている場面です。

時間をかけて階段を登っても飛び降りたら一瞬で地上に着くように、相場が下落するときには短い時間で落ちていくため、“ショート”と呼びます。

上記の画像は先ほどのロングでご説明したのと同じものです。同じ値幅だけ動いていますが、上昇していく陽線に比べて、落ちていく陰線が長く、下落時間のほうが圧倒的に短いことがわかりますね。

売りエントリーをするときには、一気に落ちていくことが多いので、様子見していると乗り遅れてしまうことも。ショートを狙うときには、ある程度は思いきりを持って仕掛けたほうがいいんですね😊☀

 

ロングとショートの意味や由来はご理解いただけたでしょうか?(*^^*)

FXをしていると「ドル円をロング📈」「ユーロドルをショート📉」など必ず使用する用語ですし、また言葉ができた起源を知っておくと上昇や下落の特徴もわかりやすくなりトレードにも活用できるはずです。

ぜひ覚えてくださいね。((o(*>ω<*)o))

 icon-heart 合わせて読みたい → 爆益or損切りの嵐!クロス円の「入るべき時」と「入ってはいけない時」

無料コンサルコースを実施中!
順張りいっちゃんFXでは、添削付きの「無料コンサルコース」がございます。順張り手法をマスターしたい方はぜひお申し込みくださいませ(*^^*)

 


関連記事

Archive

ページ上部へ戻る