決済時に使える!「指値」「逆指値」の意味をわかりやすく説明

決済時に使える!「指値」「逆指値」の意味をわかりやすく説明

FXをしていると必ず出てくるのが「指値・逆指値」という言葉ですよね。よく「指値とは、“現在の価格より下(or上)での買い(or売り)注文”のことです」などと説明されますが、

私も初心者の頃に聞いて、

いっちゃん
……ほわっつ( ´ ▽ ` )?

とした記憶があります。笑

指値・逆指値の意味がわかっている今でも、この言葉での説明は頭がこんがらがりそうになりますので、今日は初心者さんにもわかりやすく実践的な使い方を中心に解説していきますね〜💓

 

注文方法

FXの注文方法のひとつが「指値」「逆指値」です。成行注文が「この瞬間の値段で買う(or売る)」という売買方法にたいして、指値・逆指値注文は「この値段になったら買う(or売る)」という予約方法ですね。

それぞれを簡単に説明すると、

 icon-heart 指値=現在よりも有利な価格に置く注文

 icon-heart 逆指値=現在よりも不利な価格に置く注文

となります✨

「指値」「逆指値」は新規注文でも利用することができますが、決済用の注文として利用することがほとんどですので、決済時の意味をメインでご紹介していきますね。では、チェックしていきましょう。

指値注文=利確

FXの「指値と逆指値」を解説指値とは、現在のレートよりも有利な価格、すなわち「利確したい場所」に置く注文です。

画像でいえば、①のレジスタンスラインで止まったのを見て売りエントリーをし、利確ターゲットに選んだ直近安値にきたら決済をしたいときに設定するのが「指値」ですね💡

「第一ターゲットは直近高値までだけれど、もしブレイクしたらもっと保有したい」など、利確は相場の動きを見ながら決めたい方も多いので、指値注文は必ず入れなければいけないわけではありません

ただ、PCを見れないあいだに利確目標まできてその後どんどん反転していく…ということもありえるので、長時間席を離れる際などには入れておくのがオススメです😊☀

逆指値注文=損切り

FXの「指値と逆指値」を解説

逆指値とは、現在のレートよりも不利な価格、すなわち「損切りをしたい場所」に置く注文です。

画像でいえば、①のレジスタンスラインで押さえられることを前提として売りエントリーをしているので、①を上抜けたらショートをした根拠が崩れるため、損切りをしたい時に設定するのが「逆指値」ですね💡

FX取引で最も重要となるのが、逆指値注文です。逆指値(=損切り注文)を入れておかないと、もしも思惑通りにいかなかった場合は、損が無限に膨らみ資産を失うことにつながります

指値注文は入れても入れなくてもいいですが、逆指値注文は損失を抑制するトレーダーの命綱となるものですので、エントリーと同時になにがあっても絶対に入れるようにしましょう。

 

まとめ

FXの「指値と逆指値」を解説

「指値」「逆指値」は難しく考えずに、「指値=利確」「逆指値=損切り」と覚えるだけで大丈夫です😊

初心者のうちはチャートの値動きをずっと見がちですが、ベテラントレーダーはエントリーまでは相場を監視していても、ポジション保有後はこの指値と逆指値を入れて放置しておく人が圧倒的なんですね。

このふたつの注文があるからこそ狙った場所で利確ができたり損失の拡大を抑制したりと利益を守ることにもつながりますし、安心してPCから離れられて時間も有効に使えるので非常に便利なものです。

ぜひ「指値」と「逆指値」の違いを覚えていってくださいね。\( ˆ ˆ )/♡

 icon-heart 合わせて読みたい → なにが違うのかを解説!「IFD注文」「OCO注文」「IFO注文」まとめ

絶賛販売中!
EMAいったんでは、『スキャルピングインジケーター』や『教材』の販売がございます。順張り手法をマスターしたい方はぜひお申し込みくださいませ(*^^*)

 

ドル円5分足のスキャルインジ
マルチタイムフレーム分析を習得

関連記事

♡ Follow me ♡

【YOU TUBE】
チャンネル登録をお願いします♡

【twitter】
FX情報をリアルタイムで配信!

【Instagram】
プライベート写真がメインです☆

Archive

ページ上部へ戻る