エントリーも利確も損切りも!忙しい人に必須の「IFO注文」とは

エントリーも利確も損切りも!忙しい人に必須の「IFO注文」とは

朝、仕事に向かう前に朝食を食べながらチャートを見て、

会社員
この価格まできたら売買したいな。利確と損切りはココ☕

とシナリオを決めて注文を入れたら、あとはPCやスマホを見なくてもすべてをこなしてくれて、仕事が終わった頃にはそのトレードがすべて完了している…。

なかなか相場を見る時間のない会社勤めの方にとっては夢のような出来事ですが、じつはそんな願望を叶えてくれる「IFO注文」という方法があるんです💡

 

IFO注文とは

IFO注文とは、「IFD注文」と「OCO注文」を組み合わせたものです。

簡単にご説明すると、

 icon-heart IFD注文…新規エントリーと利確or損切り

 icon-heart OCO注文…すでに持っているポジションの利確&損切り

とそれぞれ特徴があります。

これらが合体したIFO注文は、選択していた新規注文のエントリーが約定(IFD注文)すると、これまた選択していた利益&損切り(OCO注文)が自動的に発注されるシステムなんですね🌻

では、どんなものか見ていきましょう。\( ˆ ˆ )/♡

IFO注文の使い方

FXの「IFO注文」の説明

IFO注文では、

 icon-asterisk 新規エントリー

 icon-asterisk 利確

 icon-asterisk 損切り

この3つの予約注文をすべて同時に行うことができます。

ずっとPCを見ていなくても自分が決めた場所まできたらエントリーしてくれて、利確と損切りがその瞬間に発動されるるので、忙しくてチャートの前に長くいられない方にとって重宝する注文方法です。

一度予約注文さえすれば、あとは指定した価格帯にくれば「エントリー」も「決済」も自動でこなしてくれるので、冒頭でお話したように、仕事を済ませている間にトレードが完了…もありえるんですね😊🍀

 

まとめ

IFD注文もOCO注文もそれぞれ便利ではありますが、

 icon-heart IFDは新規エントリーは入れられますが、利益と損切りは片方しか入れられない

 icon-heart OCOはすでに保有しているポジションに対してしか利益と損切りを入れられない

というデメリットを持っていました。

そのふたつを払拭したのが「IFO注文」です💡

IFO注文では、エントリー時の値動きが見られない難点はありますが、「ここまできたら買い(or売り)」などシナリオ想定や利確・損切りの置き場所を考える力がつくため、けっして悪いものではありません。

多忙な生活でチャートを監視できる時間が少ない人には強い味方になるはずですので、ぜひ使い方を覚えて利用していってくださいね。((o(*>ω<*)o))

 icon-heart 合わせて読みたい → なにが違うのかを解説!「IFD注文」「OCO注文」「IFO注文」まとめ

順張り手法を絶賛公開中!
EMAいったんでは、『無料手法公開コース』と『教材販売』がございます。順張り手法をマスターしたい方はぜひお申し込みくださいませ(*^^*)

 


関連記事

Archive

ページ上部へ戻る