短時間の離席におすすめ!シンプルな予約取引「IFD注文」を解説

短時間の離席におすすめ!シンプルな予約取引「IFD注文」を解説

相場は私たちの思い通りには動かないので、「買い物に行きたい」「お風呂に入りたい」と思っても、

トレーダー
でも…あとちょっとでエントリーしたい場所までくるから我慢しよう。

こんな風にFXがきっかけとなって、日常生活が左右されることってありますよね。

やりたいことがあるのに身動きが取れないのはストレスが溜まる原因にもなりますし、人によっては待ちきれず「まだ早いけれど、ここで注文して出かけよう」といった適当なトレードにもつながります。

こんな「ほんのちょっと席を外すだけなんだけれど、その間にいってしまうかも…」と、微妙なタイミングのときに役立つのが、「IFD注文」という予約方法ですので、お伝えしていきますね。

IFD注文とは

IFD注文とは「If done」の略で、直訳すると「実施されたら〜」という意味ですね😊

その言葉のように、「もしもここまで来たらエントリーをして、もしもここまで来たら利確(or損切り)をする」と、新規エントリーと決済をセットで予約できる注文方法です。

IFD注文はシンプルな使い方ができるので便利ですが、一点デメリットを挙げると

 icon-heart エントリーと指値(利確)

 icon-heart エントリーと逆指値(損切り)

と、エントリーと「利確or損切り」のどちらか一方しか入れることができません。

これがけっこう厄介な面でもあるので、そういった注意点も踏まえて、どういった使い方ができるのか、どういう風に利用するのがベストか、などを見ていきましょう。(*^^*)

エントリー&利確パターン

FXの「IFD注文」の説明

ひとつめが「エントリー&指値」を入れられるパターンです💡

画像でいうと、「もしも①のレジスタンスラインまで戻してきたら売りをして、②のサポートラインまで下落してきたら利確をする」と注文を入れることができます。

ただ上述したように、IFD注文ではエントリーとひとつの決済注文しか入れられないので「利確」を選択した場合は、FXの取引において絶対に設定しなければならない“損切り注文”が入れられません

「損切りが入れられない=思惑通りに動かなかった場合は損失が止まることなく膨らむ」ことですし、とくにIFD注文をするということは、チャートが見ていない環境にいるはずなので、なおさら危険です。

「エントリー&利確パターン」のIFD注文を利用することはオススメしません🕯

スポンサーリンク

エントリー&損切りパターン

FXの「IFD注文」の説明

 

ふたつめが「エントリー&逆指値」を入れられるパターンです💡

画像でいうと、「①のレジスタンスラインまで戻したら売りをするけれど、このレジスタンスを抜ければ根拠が崩れるから、少し上の②のラインまで上昇したら損切りをする」と注文を入れることができます。

IFD注文を利用するなら、断然こちらの「エントリー&逆指値」を利用するのがベストです。

ただどちらにしろ利確は手動でするので、よほど利益を伸ばせる相場環境でない限りは注文決済のためにチャートをこまめに見る必要があり、長時間PCから離れるときにはあまり向いていません。

「ちょっと席を離れるあいだに…」と狙っていたエントリーポイントを逃さないように念のために予約入れておく、くらいの気持ちで使うのが理想だと思います✨

 

MT4での注文方法

MT4での「IFD注文」のやり方をご紹介していきますね。(*^^*)

FXの「MT4のIFD注文とIFO注文の方法」

取引をした通貨ペアのチャート画面で「新規注文」をクリックします。

FXの「MT4でのIFD注文方法」オーダー発注という画面が出てくるので、その中にある「注文種別」の“成行注文”となっているところを押します。そうするとドロップダウンで「指値までは逆指値注文」と項目が出るのでクリックしましょう。

FXの「MT4でのIFD注文方法」

IFD注文では、

 icon-heart 決済逆指値(損切りしたい値段) or 決済指値(利確したい値段)

 icon-heart 注文種別:Buy Limit(買い注文)or Sell Limit(売り注文)

 icon-heart 価格:エントリーしたい値段

を入力して、「発注」を押します。

FXの「MT4でのIFD注文方法」

注文が完了するとターミナル画面に予約が出て、今回例として入力した「110.000円にきたら買いをして、109.900円まで下落したら損切りをする」というIFD注文の設定が確認できます。

もしもこの予約をキャンセルしたい場合は、右側の「×」を押すとできますよ。(o^^o)v

 

まとめ

IFD注文は、チャートが見られない人にオススメな注文方法ですが、エントリーと利確or損切りの一方しか選べないため、どちらかといえば日常生活の中で短時間だけ離席する際に向いている注文方法です。

「エントリー&損切り」を選んでも、相場を長く見れていなかったせいで、利確タイミングを逃し「せっかく利益になっていたのにどんどん反転して、損切りに刺さった…」ということも起こりえるのでね😊

会社員の方などチャートを見られる時間がない方にとっては、エントリーと利確or損切りしか選べないIFD注文より、エントリーと利確・損切りの3つを同時に入れられる「IFO注文」のほうが安全です。

 icon-heart IFO注文の詳細については『エントリーも利確も損切りも!忙しい人に必須の“IFO注文”とは』で解説していますので、ぜひご覧くださいませ🍀

ケンタ
IFD注文は、パパッと注文できるから少しの間だけ席を離れるときに使いやすいよ。
ペペロン
ぺぺも「ちょっと近所のコンビニにチュールを買いに行く」というときによく使っているにゃね🐾

 icon-heart 合わせて読みたい → なにが違うのかを解説!「IFD注文」「OCO注文」「IFO注文」まとめ

無料コンサルコースを実施中!
順張りいっちゃんFXでは、添削付きの「無料コンサルコース」がございます。順張り手法をマスターしたい方はぜひお申し込みくださいませ(*^^*)

 


関連記事

Archive

ページ上部へ戻る