為替を動かす大きな要因に!「ファンダメンタルズ分析」とは

為替を動かす大きな要因に!「ファンダメンタルズ分析」とは

私たち一般投資家はどうしてもテクニカル分析ばかりに目がいきがちになりますが、どんなにチャートを理解できても、相場全体の流れを間違えていれば損切りの嵐となってしまいます。

そして、この“相場全体の流れ”を読み解いていくのがファンダメンタルズ分析なんです。

 

ファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズとは、各国の経済状態を表す指標のことで、「経済の基礎的条件」と訳されます。こういわれると難しいですが、ようは政治・経済の情報を元に相場を分析していく方法です😀🌻

いっちゃん
この政治・経済の情報とは、各国の経済指標、金融政策、要人発言、政治動向といったものですよ〜(*^^*)

為替を根本から大きく動かす要因としてファンダメンタルズは考えられています。難しいニュースを読み解かねばならず苦手意識を感じがちですが、読めたときには莫大な利益となることも多いんですね。

ファンダメンタルズ分析の方法

では、どんな風にしてファンダメンタルズで相場が動くのか、例を出してみていきましょう💡

たとえば、日々発表される経済指標の結果や中央銀行関係者の発言から「アメリカの金利が上がり日本の金利が下がりそう」という分析結果が得られたとします。

ケンタ
「金利が上がる=景気がいい」「金利が下がる=景気が悪い」と読むことができるから、アメリカ経済は景気が良く、日本経済は悪いと考えられるね。

これにより市場は、金利が上がり景気に安心感があるアメリカの通貨を買い、逆に金利が下がり景気に不安感がある日本の通貨は売られることになります。

ペペロン
ということは、ドルが買われて円が売られるからUSD/JPYではアップトレンドになるにゃね!ドル買いにゃ!ฅ(º ロ º ฅ)

この情報を知らずに、目先のテクニカル分析だけをみてドル売り円買いをしたら損切りの嵐になり、やっとチャートでアップトレンドが出てドル買いの流れとわかる頃には相当な痛手を追うことも…。

このように為替はふたつの国の通貨を売買するものなので、政治・経済といった情報を吟味しながら二カ国間の格差を予想して、将来の相場の流れを考えて先読みし取引を行うのがファンダメンタルズです💡

 

まとめ

いくらテクニカル分析で売りの根拠が揃っていても、ファンダメンタルズの情報ひとつで為替相場がクルッと反転することも多々あります。それくらい威力が強いものなんですね🔥

一般投資家が理解するは難しいといわれ「ファンダメンタルズ分析は覚えなくていい」と言う人もいますが、ほんの少しでも理解することで、日々のトレードも格段にしやすくなります。

ぜひ政治・経済ニュースに耳を傾けて、相場の流れを読めるようになっていきましょう😍💻

 icon-heart 合わせて読みたい → 自分から探しに行こう!「ファンダメンタルズの情報収集法」4選

絶賛販売中!
EMAいったんでは、『スキャルピングインジケーター』や『教材』の販売がございます。順張り手法をマスターしたい方はぜひお申し込みくださいませ(*^^*)

 

ドル円5分足のスキャルインジ
マルチタイムフレーム分析を習得

関連記事

♡ Follow me ♡

【YOU TUBE】
チャンネル登録をお願いします♡

【twitter】
FX情報をリアルタイムで配信!

【Instagram】
プライベート写真がメインです☆

Archive

ページ上部へ戻る