取引時間や回数は?「トレードスタイルの種類4つ」を徹底解説

取引時間や回数は?「トレードスタイルの種類4つ」を徹底解説
(Subbotina Anna/Shutterstock.com)

トレードスタイルは初心者の頃に選ぶことが多く、どんな様式があるかもよくわからないまま、「買った本や教材で推奨されていたから…」など、“なんとなく”で決めてしまいがちです。

そして勉強を開始してだいぶ経ってから、自分の性格や生活とトレードスタイルが合っていないことに気づいて、再度また違うスタイルを勉強しなおすはめに…。

こんな風に初期にトレードスタイルの選択を間違えたせいで、時間を無駄にする人は少なくありません。これを回避するためにも、FXにはどんなスタイルがあるか知っておきたいもの🐱🍀

 

FXの時間軸の違いによるトレードスタイルは4つ

FXでは、どの時間軸をメインに選んで売買するかによって、トレードの呼称が変わります。トレードスタイルの認識にはさまざまありますが、私は主に以下の4つに分けています😊🌸

 icon-check-circle スキャルピングトレード…数秒から数分・数十分で行う超短期売買トレード

 icon-check-circle デイトレード…1時間足をメインにして保有するトレード

 icon-check-circle スイングトレード…4時間足や日足をメインにして保有するトレード

 icon-check-circle ポジショントレード…オーバーウィーク以上で保有する超長期売買トレード

同じFXとはいえ、どのトレードスタイルをメインにするかで、見る時間軸が違い、それにともない必要な知識や技術、メンタル面の負担は異なり、まったくの別物になるんですね。

選択を間違うと、合う合わないが如実に出て、成績にも影響してきます。では、そんな各トレードスタイルは具体的に、どんな特徴があり、どんな風に違うのでしょうか? チェックしていきましょう😊🌸

スキャルピングトレード

スキャルピング(scalping)の語源は、ネイティブアメリカンが行っていた ”頭の皮を薄く剥ぐ” という意味からきており、その言葉が表すように相場から薄い利益を剥ぎ取ることをイメージしています。

短時間に数pipsを抜くことを繰り返し、小さな利益を積みあげて稼ぐため、一瞬の感覚で値動きを判断して売買しないといけず、高レベルなテクニカル技術や感情に揺さぶられないメンタルが必要です。

また数十秒〜数分の売買をおこなうため、トレード中はずっとPCを監視していないといけないので集中力をはじめ、売買をするためにはあるFXのためにまとまった時間を取れることが重要となります🌷

 icon-heart  スキャルピングトレードについては『億トレが多いけれど…“スキャルピングのメリット・デメリット”』でも詳細に解説しているので、ぜひご覧くださいませ😊🍎

デイトレード

おもに1時間足をメインにして行うのがデイトレードです。デイ(Day)というだけあって、1日のうちにエントリーから利確まで行うので日をまたぐことがなく、オーバーナイトのストレスがありません。

【オーバーナイトのストレスとは?】

「ポジションを保有したまま寝る=オーバーナイト」は時としてリスクになります。私たちが寝ている間も海外市場は動くので、テロや災害、要人発言の突発的なニュースで為替が大きく動くことも。

 

また自分の持っているポジションが「想定通りに動いているか…」と気になって何度もスマホをチェックして眠れなくなる人もいます。オーバーナイトをストレスに感じる市場参加者は多いです。

デイトレードは精神的な負担も少なく、また短期と長期のちょうど中間であることからテクニカル的にも得意不得意があまり出ないので、どの人にとってもやりやすいトレードスタイルですね😊🌸

 icon-heart  デイトレードについては『エントリー回数が多いはウソ!? “デイトレードの良い点・悪い点”まとめ』でも詳細に解説しているので、ぜひご覧くださいませ🐱🍣

スイングトレード

4時間足〜日足といった長期足を使用するのがスイングトレードです。大きな足を使っているので「難しい」と言われることが多いですが、私の中では一番損害を受ける恐れがないスタイルだと思っています。

利幅が取れるという最大のメリットがあり、損失対利益が1:3以上になりやすいので資金管理の面でも安全で、スキャルやデイに比べてエントリー精度が多少雑でも利益が取りやすいです。

一方で、長期足ではエントリー後の押し戻しが深かったり、思惑通りに動くのに何時間も待ったりすることからすぐに利確してしまう…といった、メンタル面が起因した損小利大を起こしやすい面もあります。

 icon-heart  スイングトレードについては『最も安全なスタイル!“スイングトレードのメリット・デメリット”』でも詳細に解説しているので、ぜひご覧くださいませ🐶🍞

ポジショントレード

主にファンダメンタルズ分析をメインとして週足・月足ベースでトレードしていく超長期売買です。ドル円が長期的な上昇トレンドとなったアベノミクス時に流行した手法ですが、近年の相場では難しい面も。

一度美味しいところで入れば放置しておくだけで大きなpipsが取れるので、トレーダーによってはたった一回のエントリーで数ヶ月〜半年近く利益を伸ばして1000pips以上を稼ぎだす人もいます😮✨

ただよほど長期的な視点でファンダを見られる人でないと難しいので、為替の専門家向きの手法。アベノミクスの再来などのわかりやすい動きにならない限りは、一般人が手を出すのは難しいスタイルです。

 

トレードスタイルのまとめ

すべてのトレードスタイルをマスターしようとしてあれもこれも手を出すのは、逆に「どれもわからないままになる…」と非効率な状態になるので、まずはひとつのスタイルを選択して勉強していきましょう。

「どのスタイルを選択したらいいかわからない!」という方は、デイトレードから勉強を初めて、相場を知ってから、スキャルやスイングなど自分が向いているスタイルに移行するのもいいと思います☺💡

自分のトレードスタイルを決めることは、FXでの最初の一歩となりますので、自分のライフスタイルや性格などを考慮しながら、しっかりと選んでくださいね。(*^▽^*)

 icon-heart 合わせて読みたい → 爆益or損切りの嵐!クロス円の「入るべき時」と「入ってはいけない時」

絶賛販売中!
EMAいったんでは、『スキャルピングインジケーター』や『教材』の販売がございます。順張り手法をマスターしたい方はぜひお申し込みくださいませ(*^^*)

 

ドル円5分足のスキャルインジ
マルチタイムフレーム分析を習得

関連記事

♡ Follow me ♡

【YOU TUBE】
チャンネル登録をお願いします♡

【twitter】
FX情報をリアルタイムで配信!

【Instagram】
プライベート写真がメインです☆

Archive

ページ上部へ戻る