テクニカル知識

相場の流れに合わせるor逆らう!「順張り・逆張り」手法とは

相場の流れに合わせるor逆らう!「順張り・逆張り」手法とは

(Tiplyashina Evgeniya/Shutterstock.com)

FXの売買手法である「順張り」と「逆張り」。自身のトレードルールを構築する時に、どちらをメインに勉強するか、分かれ道となるところです。

「順張り」「逆張り」とは

まず簡単に説明すると、

  • 順張りは相場の流れに合わせたトレード
  • 逆張りは相場の流れに逆らったトレード

になります💡

初心者さんの頃は、名前が似ているのでどっちがどっちか頭がこんがらがりがちですが、両者は似ているようで異なるトレード方法です。

順張り

相場の流れに合わせるor逆らう!「順張り・逆張り」手法とは

順張りは主にトレンド相場で効果を発揮するもので、

  • 相場が上昇局面になっているところで買いで取引を行う
  • 相場が下降局面になっているところで売りで取引を行う

と流れに合わせてトレードすることで利益を得ることにつながります。

なぜトレンド相場で効果を発揮するかというと、“トレンド=勢いがある相場”なので、これまでの流れに沿って動きやすい性質があるからなんです。

 icon-heart トレンド相場については『勝率UPに必須!相場分析の基礎“トレンド”と“レンジ”とは』で解説していますので、ご存知ない方はご覧くださいませ。

逆張り

相場の流れに合わせるor逆らう!「順張り・逆張り」手法とは

逆張りは流れに逆らうことになるため、主にレンジ相場で効果を発揮するもので、

  • 相場が上昇局面になっているところで売りで取引を行う
  • 相場が下降局面になっているところで買いで取引を行う

と流れに合わせてトレードすることで利益を得ることにつながります。

なぜレンジ相場で効果を発揮するかというと、“レンジ=勢いがない相場”なので、水平線などなにか止められるものがあると反転しやすい性質があるからなんです。

icon-heartレンジ相場については『勝率UPに必須!相場分析の基礎“トレンド”と“レンジ”とは』で解説していますので、ご存知ない方はご覧くださいませ。

 

まとめ

“順張り”はこれまでの流れと同じ方向で取引を行うことで、“逆張り”はこれまでの流れに逆らって取引をすることを言います。

FXの基礎となり、自分がどういった手法を選びたいのかを考える際に重要となるので、ぜひ覚えてくださいね。

 icon-heart 合わせて読みたい → 手法だけはNG!勝つためには「トレンドとレンジの把握」が大事な理由

 

いっちゃんの順張り手法

関連記事

© 2021 FX投資家いっちゃんのブログ Powered by AFFINGER5