狙うのはここ!順張りの王道手法「押し目買い」「戻り売り」とは

狙うのはここ!順張りの王道手法「押し目買い」「戻り売り」とは

トレンドの方向に合わせてトレードする順張り手法が「押し目買い」「戻り売り」での売買です。トレンド転換や逆張りに比べて簡単に利益が取れるため、幅広いトレーダーに愛されています。

私もいろいろと検証した結果、もっとも勝率が高く、損失対利益もよかったため、基本はこのトレンドフォローである「押し・戻り」をメインにしてトレードしているんですね😊🔥

順張りをするうえでは絶対に覚えておきたい用語ですし、この言葉の意味がわからないとブログの様々な解説も理解できなくなるので、今日は「押し目買い・戻り売り」をお伝えします。(*^▽^*)

押し目買い・戻り売りとは

トレンドが発生している相場で力を発揮するのが「押し戻り」での売買です。

簡単にトレンドを説明すると、「トレンド=流行」という意味のように、買いor売りの一方向へ大きな流れが出来ている状態のことを言います😊

トレンド相場は延々と一直線に動くのではなく、トレンドが一休みして、上昇トレンドであれば安値・下降トレンドであれば高値を作りにいくときがあります。「トレンドの合間のレンジ」と呼ばれる動きです。

この価格が戻してきた後に、再度トレンド方向へ上昇or下降する動きを、

 icon-heart 上昇トレンドでは押し

 icon-heart 下降トレンドでは戻り

と、それぞれ呼びます💡

実際のチャートで見てみよう!

では、実際のチャートで押し・戻りのポイントをチェックしてみましょう🍀

押し目買い

FXの「アップトレンドの押し目買い」の解説

上昇トレンド中に価格が下がってきたことを「押しをつける」や「押し」と言い、この下がってきた部分(画像でいうとピンク丸)で買うことを「押し目買い」と呼びます。

戻り売り

FXの「ダウントレンドの戻り売り」の解説

下降トレンド中に価格が上がってきたことを「戻りをつける」や「戻り」と言い、この上がってきた部分(画像でいうとブルー丸)で買うことを「戻り売り」と呼びます。

押し・戻りの判断に役立つのがインジケーター

FXの「トレンドの押し目買い・戻り売り」の解説

押し・戻りでは「どこまで落ちてor上がってからトレンドが再開するか」の見極めがとても大切になります。この判断方法は多種多様です😊✨

人によって「切り下げ・切り上げライン」「トレンド・チャネルライン」など好みがありますが、私はおもに「移動平均線」をメインにして判断しています。

まっさらの画像ではわかりませんでしたが、インジケーターを表示させるとご覧のように、移動平均線にぶつかった所がピッタリと押し目買いのポイントになっているのがわかりますね!

 

まとめ

「相場は波を描いて動く」と言われていますが、トレンドが出て一方向へ流れができているところでも、細かく上下に波を描きながら動いていくんですね。

この波に上手に乗るのが「押し・戻り」でのエントリーです。

トレンドフォローは大きな利益が狙えるのが最大のメリットですが、上昇トレンド中に高いところ、下降トレンド中に安いところで買ってしまえば意味はありません。

トレンドが出た際には「押し目買い」「戻り売り」のポイントをしっかりと待ち、美味しい箇所に乗ることで爆益が狙えますので、ぜひ覚えていってくださいね✍✨

 icon-heart 合わせて読みたい → 実はこれだけしかない!水平線が出現した際の「3つの値動き」

順張り手法を絶賛公開中!
EMAいったんでは、『無料手法公開コース』と『教材販売』がございます。順張り手法をマスターしたい方はぜひお申し込みくださいませ(*^^*)

 


関連記事

Archive

ページ上部へ戻る