この3パターンに分けられる!「損切り貧乏になる原因」とは

この3パターンに分けられる!「損切り貧乏になる原因」とは

損切りはきちんと入れているけれど、狩られてばかりでいわゆる損切り貧乏になってしまう…。

こんなことが続くと、損切りが大事だとはわかっていても、

トレーダー
もう損切りなんて入れたくない‼️o( ; _ ; )o

と自暴自棄な気持ちになってしまうもの。

損切り貧乏になってしまう原因はおもに3パターンに分かれますので、ご紹介していきますね。改善策が記載してある記事リンクも貼ってありますので、併せてチェックしてみてください😊☕

へんなところで入っている

そもそものパターンが、まだ手法が明確になっておらず利益を得られる状態ではないのに、相場に参戦して負けていることです。FXは甘くはないので、これではいくら売買しても資金を失うだけになります。

「早くトレードしたい!」と焦りますが、損切り貧乏になってお金を無くさないためにもFT3で手法を自分のものにして、デモトレードできちんと成績を残してから、リアルトレードに移行するのがベストです。

 icon-heart FXの勉強法については『これが勝ち組の道!“FXテクニカルの勉強方法”3STEPを大公開』でお伝えしていますので、お悩みの方はぜひご覧くださいませ🐰🥨

損切りの置き場所を間違えている

損切りは とりあえず置けばいいというわけではなく正しい置き場所が存在します。「損切りされた後に思惑通りに動いて悔しい…」という方は、わりとこの損切りの位置を間違えていることが多いです。

トレンドで入っている場合、レンジで入っている場合などで、損切りの設定場所は異なります。手法と同様に正しいストップロスの置き方を学ぶことも勝率を上げるうえでとても大事なので意識しましょう✨

 icon-heart 損切り位置については『損切り後にいく…を回避!無駄に狩られない“損切りの置き場所”』でお伝えしていますので、お悩みの方はぜひご覧くださいませ😊🍀

スポンサーリンク

損失対利益が1:2になる場所で入っていない

利益にはなっても、損切りで一気に吐き出してしまう…」という損切り貧乏の方は、いわゆるコツコツドカンになっているタイプで、リスクリワードが1:2になるトレードができていない状態です。

利益の幅に対して損切りの幅のほうが大きくなりすぎるトレードばかりしていると、長い目でみてもトレーダーとして生き残るのは難しくなります。損大利小になっている人はリスクリワードの改善が必要です。

 icon-heart 損失対利益については『何pipsで入れるのが正解?利益が溜まる“正しい損切り幅”とは』でお伝えしていますので、お悩みの方はぜひご覧くださいませ🐱🍒

 

損切りばかりされて資金が目減りしていくと冒頭でお話したように、「もう損切りなんて入れたくない…」という気持ちになってついストップロスを外しそうになりますが絶対にダメですよ🙅🏻🍀

いっちゃん
たとえ狩られても、きちんと損切りを入れているあなたは偉いです✨

原因を知ることで改善策も見つかりますので、ご自分がこの3つのパターンのうちのどれに当てはまるかを考えて治していき、損切りを減らして利益を伸ばせるようになっていきましょう(*^^*)v

 icon-heart 合わせて読みたい → 一歩間違えると危険!損切りを「成行注文」でしてはいけない理由

無料コンサルコースを実施中!
順張りいっちゃんFXでは、添削付きの「無料コンサルコース」がございます。順張り手法をマスターしたい方はぜひお申し込みくださいませ(*^^*)

 


関連記事

Archive

ページ上部へ戻る