新しい流れができる!大事な節目になる「高値・安値」の認識方法

新しい流れができる!大事な節目になる「高値・安値」の認識方法

テクニカル分析をしていると、よく聞くのが「高値」「安値」という用語です。

言葉の意味通り、なんとなく相場において「高い場所」「安い場所」というのはわかっても、チャートを見ると高いところも安いところも無数にあって、あやふやになってしまいがち…。

そこで今回は高値・安値の意味と、わかりやすい見方を解説していきますね。(*^^*)

高値・安値とは

チャートを見る上で、必ずチェックするべきなのが過去の「高値・安値」で大事な節目になります。

節目となる場所は、みんなの目に止まるので意識されやすく値が止まって反転したりブレイクをすればトレンド発生として見られたり、相場が新たな流れをつくるきっかけとなります。

では、高値・安値はどうやって見ていくのが解説していきますね。

高値とは

FXの「高値(最高値&直近の高値)」とは

高値とは、“高い値段”のことで、チャート上の山になっているところですね。

 icon-heart 一番上の高値を「最高値」(もっとも高い値段)

 icon-heart 直近の高値を「間近の高値」(間近の高い値段)

と呼びます。

最高値」は、過去を遡ればいくらでも上のラインが出てくるので、初心者のうちはチャート画面上で見える最も高いところを、とりあえずの目安にするといいと思います。

間近の高値」は、現状の価格の近くにある高値です。値動きが激しくあまりきれいでない相場の場合は、直近の高値をどこで取るかが難しく多少の裁量が必要になってくる面もあります。

安値とは

FXの「安値(最安値&直近の安値)」とは

安値とは安い値段のことで、チャート上の谷になっているところですね。

 icon-heart 一番下の安値を「最安値」(もっとも安い値段)

 icon-heart 直近の安値を「間近の安値」(間近の安い値段)

と呼びます。

最安値」は、過去を遡ればいくらでも上のラインが出てくるので、初心者のうちはチャート画面上で見える最も低いところを、とりあえず目安にするといいと思います。

間近の安値」は、現状の価格の近くにある安値です。値動きが激しくあまりきれいでない相場の場合は、直近の安値をどこで取るかが難しく多少の裁量が必要になってくる面もあります。

スポンサーリンク

高値・安値が大事な節目になる理由

FXの「高値&安値が大事な理由」とは

間近の高値・安値

まず間近の高値・安値は、目先の動きを予測するうえで意識されやすくなります

 icon-heart 間近の高値で抑えられるorブレイクする

 icon-heart 間近の安値で支えられるorブレイクする

このように間近高値と安値が見極められたら合計4つのシナリオが考えられるんですね。間近高値・安値に挟まれている間ではレンジどちらかをブレイクしたら短期的にトレンド発生と見ることができます。

最高値・最安値

最高値・最安値も、間近高値・安値との考え方とほとんど同じです。

 icon-heart 最高値で抑えられるorブレイクする

 icon-heart 最安値で支えられるorブレイクする

ただ最高値・最安値は、市場ではだれもが注目する場所であるため、その動きには大注目です。

最高値・最安値にきたらレンジの上限・下限にきたということなので逆張りを仕掛ける人が多くなるため止められやすくなりますが、もしブレイクした場合にはその足では本格的なトレンド発生と見れます。

 

まとめ

チャートの見方によってはどこもかしこも高値・安値に見えるので、頭を悩ませてしまいがちですが、

 icon-heart 今いるチャートから近い高値・安値はどこか

 icon-heart もっとも高い場所・安い場所(最高値・最安値)はどこか

をまずは意識してみましょう😊🌸

高値・安値は環境認識をする際にも大事になる部分です。この視点を習得するだけで、きっと相場の景色が少し整理されてわかりやすくなるはずですよ〜(*^▽^*)

 icon-heart 合わせて読みたい → 実はこれだけしかない!水平線が出現した際の「3つの値動き」

順張り手法を絶賛公開中!
EMAいったんでは、『無料手法公開コース』と『教材販売』がございます。順張り手法をマスターしたい方はぜひお申し込みくださいませ(*^^*)

 


関連記事

Archive

ページ上部へ戻る