120pipsゲット!爆益が狙える「日足の反発」のチャートパターンを紹介

120pipsゲット!爆益が狙える「日足の反発」のチャートパターンを紹介
(AstroStar/Shutterstock.com)

   今回はこちらで記載している私のエントリーパターンのひとつ「日足がトレンド中での±1σ・MA・ML反発+4時間足の中段保合い+1時間足トレンドレス+5分足トレンドレス」のFT2を使用した補足投稿です。

日足をメインにしたトレードに難しい印象を持ち、敬遠している方は多いのではないでしょうか。しかし各時間足で根拠を探しながらしっかりとエントリーしていけば、ごく浅の損切りで大きな利益が狙えるので、チャンスが来たらぜひとも乗りたい相場です😍✨

エントリーの仕方は、これまでご紹介した1時間足や4時間足とそこまで変わりがないので、理解してしまえば難しくないと思います。それでは、実際のチャートを見ながら解説していきますね。(*^◯^*)ノ

マルチタイムフレーム分析

では早速、各時間足の流れを見ていきましょう!

日足はアップトレンド+1σ反発

FXの日足の順張り手法(マルチタイムフレーム分析:日足)

日足は長く揉んでいた①のラインをブレイクして、アップトレンドがスタート。1波を形成した後に、2波を形成し、今は+1σにぶつかり3波目を形成するかどうかの場面です。

日足レベルで数ヶ月も揉んでいたところを抜けたので勢いがありそうですが、日足だけだと反発するかどうかはわからないので、下位足の様子を見てみましょう。

4時間足はボックス中段保合い

FXの日足の順張り手法(マルチタイムフレーム分析:4時間足)

 

4時間足では②のレジスタンスラインをブレイクしてアップトレンドが再開し、直近でミドル反発をしましたが高値をわずかに更新した後に下落、ローソク足がMLを実体で割り、中段保合い入りしています。

今は直近安値のBラインと横ばいになったボリンジャーバンドの-2σに支えられていることから、これは中段保合いの中でもボックスパターンになると想定できそうです。

1時間足はトレンドレス

FXの4時間足の順張り手法(マルチタイムフレーム分析:1時間足)

1時間足はAのレジスタンスラインを抜けてアップトレンドになりましたが1波で終わり、直近の中段保合いの中(Aのラインの中)にまた回帰して、トレンドレス入りしている場面です。

その後下落してきますが、日足+1σと直近の最安値圏(4時間足でも引いたBライン)が合致する場面で長いヒゲをつけた陽線を出していることからも、反発している気配があります。

ただ細かな値動きも確認したいので、さらに下位足を見ていきましょう😊🍎

5分足はダウントレンド

FXの日足の順張り手法(マルチタイムフレーム分析:5分足)

5分足ではダウントレンドになり下落していましたが、日足+1σと直近安値圏のBラインにぶつかり、長いヒゲを出して反発。その後また落ちていきますが、再度同じ場所で、直近の陰線よりも長い陽線を出して反発。

さらに5M足で3回反発していた移動平均線も反発しきれずに抜けて、MLも長い陽線で一気に抜けました。

日足+1σと1時間足と4時間足で引いたBラインが効いており、上昇の勢いが強くなったと判断できます。すべての足で根拠が揃ったのでエントリーしてみましょう!(*^◯^*)

スポンサーリンク

結果はどうでしょうか?

では、結果はどうなったでしょうか? 見ていきましょう。(≧∀≦)
【日足】

FXの日足の順張り手法(マルチタイムフレーム分析:日足)

日足アップトレンドの+1σ反発が効いて、3波目を形成し、120pips上昇していきました!

【4時間足】

FXの日足の順張り手法(マルチタイムフレーム分析:4時間足)

4時間足のボックスの中段保合い下限と日足+1σが合致したところで上昇いきましたね。トレンドの1波がまるまる取れています。

【1時間足】

FXの日足の順張り手法(マルチタイムフレーム分析:1時間足)

1時間足もBラインで支えられてそのまま上昇していきました!

【5分足】

FXの日足の順張り手法(マルチタイムフレーム分析:5分足)

5分足も長い陽線で反発した後に、Bラインに戻ることなくそのまま上昇していっていますね😊💡

 

日足をメインにすると1回のトレードで100pipsを超える大きな利益が狙えます。これからも日足のエントリーパターンは詳しく解説していきますので、ぜひ覚えていきましょう!*\(^o^)/*

 icon-heart 合わせて読みたい → 他の時間足とは見方が違うよ!日足での「トレンドとレンジ」の見極め方

無料コンサルコースを実施中!
順張りいっちゃんFXでは、添削付きの「無料コンサルコース」がございます。順張り手法をマスターしたい方はぜひお申し込みくださいませ(*^^*)

 


関連記事

Archive

ページ上部へ戻る