手書きはムリ!「トレードノートを記録する」おすすめ方法3選

手書きはムリ!「トレードノートを記録する」おすすめ方法3選

インジケーターの形状も含めて手書きでトレードノートをつけている方は少なくないようですが、手間と労力がかかるわりには、チャートの再現性も低くなるので、個人的にはあまりオススメはしません。

いつもブログをご覧くださっている方から「手書きでやっていたけれど続かない」とご相談を受けたこともあり、今回はトレードノートを記録するおすすめ方法をお伝えしますね。(*^◯^*)

トレードノートを記録する方法

私は『どんな風に記録する?勝ち組になるための“トレードノートの書き方”』でご紹介したように、実際のチャートをキャプチャに撮り、直接その画像に文章を書き込んで分析し、保存していました。

トレードノートはあとあと見返したり分析したりして勉強する役割もあるので、手書きで行うよりも、きちんとインジケーターやローソク足の形がわかるように写真形式で残すのが一番ですし楽チンです😊✨

また中には、撮影したチャート図を印刷してノートに貼る方もいるようですが、私はトレードの記録はPCでキャプチャしてそのままPC経由で画像を保存するほうが見返すときにもラクでいいと思っています。

ですので、PCを使ってトレードノートを記録するやり方をお伝えしますね。(*^▽^*)

Evernote

FXの「トレードノートの記録方法(Evernote)」

私がトレードノートに利用していたのは「Evernote」です。無料でも利用できるWeb上のクラウドノートで、 ひとつアカウントさえ作れば、PCやスマホ等どのデバイスから見ても同じ情報を閲覧できます

私は画像のようにスクショを撮って分析したものをエントリー前と後で並べて保存していました。外出時にはスマホからEvernoteにアクセスして、保存した画像を振り返って勉強もしていましたよ。(*゚▽゚*)

ブログ

FXの「トレードノートの記録方法(ブログ)」

私の知人がやっていたのが、無料ブログを作成し、トレード記録をアップする方法です。「人に見られると思うとヘンなエントリーをしなくなる」と聞いたので、メンタル面でもいいかもしれません。

またEvernoteは無料版だと容量が60MBしか入らないので、画像を入れるとわりとすぐにいっぱいになってしまいます。ブログなら無料だとしてもEvernoteよりは容量が入るのではないかな、と思います😊💻

スポンサーリンク

PCのピクチャフォルダ

FXの「トレードノートの記録方法(PC)」

私はEvernoteの存在を知る前は、PCのピクチャファイルに「FX検証」フォルダを作り、画像をエントリー前と後で並ぶようにファイル名(日付+番号+エントリーor結果)とつけて、保存していっていました。

スクショしたものに文章を書き込んでしまえば、画像を見るだけでチャートを振り返ることができるので、Evernoteやブログを作るのが難しい方はわざわざアップしなくてもこの方法で十分だと思います。

 

トレードノートを記録する方法のまとめ

「トレードノート」という名称がついているので、つい学生時代に使っていたようなB5のノートを使って手間暇をかけて書かないといけないような気持ちになりますが、そんなことはないんですね😊✨

むしろトレード記録をつけることは効率的でなければ、なかなか続きません。

ずっと手書きでやっていたけれど「面倒くさくなってすぐに辞めてしまっていた!」という方は、画像のキャプチャを撮影して分析結果を書き込み、上記の方法でトレードノートを記録みてくださいね。(*^▽^*)

 icon-heart 合わせて読みたい → 簡単には稼げない!「FXのテクニカルで勝つために勉強が必要な理由」

順張り手法を絶賛公開中!
EMAいったんでは、『無料手法公開コース』と『教材販売』がございます。順張り手法をマスターしたい方はぜひお申し込みくださいませ(*^^*)

 


関連記事

Archive

ページ上部へ戻る