片方だけはNG!違いを解説「FT4」と「デモトレ」の両方が必要な理由

片方だけはNG!違いを解説「FT3」と「デモトレ」の両方が必要な理由

FXは難しいものなので、いきなりリアルトレードに参入するのは危険で、勉強が必須です。その勉強に使用できるものとして、「ForexTester4(FT4)」と「デモトレード」という2通りがあります。

用途にあわせて両方を使用するべきですが、違いがいまいちわからず、

Aさん
FT4で勝てるようになったから、デモはやらなくてもよくない?
Bさん
FT4をしなくても、最初からデモトレードだけすればいいんじゃない?

と片方だけに偏って、失敗しがちな方が多いです。

読者の方にも「FT4はあったほうがいいですか?」「リアルチャートだけではダメですか?」とご質問をよくいただくので、今回はFT4とデモトレードの役割とそれぞれで学ぶことについて解説しますね😊☀

ForexTester4とデモトレードのちがいとは

まずそれぞれの特徴をサラッとお話しますね。

FT4は過去の相場の値動きを忠実に再現できるソフトで、通常の動きはもちろん、ローソク足を早送りしたり見たい期間に飛ばしたり、またその中で売買をすることができます。

 icon-heart FT3のより詳しい特徴については『過去検証をしよう!勝ちトレーダーへの最速方法“Forex Tester4(FT4)”とは』で解説していますので、ご覧くださいませ😊✨

デモトレードは、リアル相場でおこなうもので、実際にお金をかけてするトレードと同じ動きが見れて、その中で仮装のお金を使って売買するものです。

 icon-heart デモトレードのより詳しい徳直については『面倒くさいはNG!“デモトレード”の意味とやらなければいけない理由』でご紹介していますので、ご覧くださいませ🐱🐟

Forex Tester4とデモトレードは両方やるべき!

上記の説明のように、「FT4は過去数十年分の値動き」「デモトレードは今現在の値動き」を見られるものなんですね。

そのため、それぞれの特徴を生かして、

 icon-heart FT4は相場を研究するもの

 icon-heart デモは実際の値動きをみるもの

として個々の用途に合わせて2段階で利用することで、トレードを効率よく、そしてほんとうに安定して勝てる実力を身につけることにつながります。

では、以下では具体的にどんな風に利用していくかをチェックしていきましょう😊🍀

スポンサーリンク

FT4は「過去の相場を研究する」のに利用する

過去数十年分の相場の動きがリアルに動かせるのがFT4の醍醐味です。

デモトレードで過去の値動きを見ようとしてもすでに完成したチャート図しか見られませんが、FT3では過去のそのときどきの動きを実物そのままに動かして見ることができます。

私たちが勝つために、もっとも大事なのは売買時ですので「エントリーのときにどういう形状や相場環境だといくかorいかないか」をFT4を通して身につけることがなによりも大事です。

まずFXをはじめたら、FT4で過去の動きを実際に見ながら自分の手法では、

 icon-asterisk どういうローソク足が出たらいきやすいかor失敗しやすいか

 icon-asterisk どういうインジケーターの角度のときにいきやすかor失敗しやすいか

 icon-asterisk どういう上位足や下位足の形になったらいきやすいかor失敗しやすいか

をしっかりと検証して分析していきます。

長期的な視点でみたパフォーマンスを調べる

またFT4では、実際に売買して自分がどれくらい相場を理解しているのかのパフォーマンスを検証することもできるので、自分が得た手法はどれくらい優位性があるのかも調べることができます。

とくにFXでは、今日1日稼げただけでは意味がなく、長く安定して利益を得られることが重要です。1ヶ月間だといくらになるか、1年間だといくらになるか、と長期的な視点で成果を見る必要があります

デモであれば1ヶ月や1年単位の成績を見ようと思えば、もちろん1ヶ月や1年の時間が必要になりますが、FT4では早送りしながら進められるので、数ヶ月や数年単位での自分の成績を調べることもできるんです。

スポンサーリンク

デモトレードは「リアルの値動きでの自分の成績を知る」のに利用する

FT4で自分の手法がどういったときに機能するかorしないかを明確にしたら、デモトレードに進みます。

いくら手法が理解できても、実際の値動きを見たら感覚が狂ってしまう人も多い世界。とくにFT3ではより多くのチャートを分析するためにローソク足を早送りで動かして分析していくので、なおさらです。

ケンタ
FT4は素早く動かしてたくさんの相場を見られるのがメリットだけれど、それに慣れすぎて実際の相場にいくとチャートの動きが遅く感じてしまうこともあるんだ。
ペペロン
それに実際の値動き(=お金を得られる環境)を前にすると、ポジポジ病やエントリー恐怖症といった精神面のトラブルも出てくるにゃね。

デモトレードでは、自分はこういったトラブルに巻き込まれずに、ほんとうにお金を掛けて行うトレードと同じ環境で、

 icon-asterisk 実際の値動きに慣れてエントリー・損切り・利確の判断できるようになる

 icon-asterisk そして実際のチャートでは自分がどれくらいの成績を出せるのか

ことを目的として行っていきます。

ここですんなりと結果が出せるようならリアルトレードに進んでも大丈夫ですが、FT4で高パフォーマンスを出せても意外とつまずいてしまう人も多いのが実情

FT4で相場を読めるようになったり良い成績を得られるようになったりすると、FXができるような気分になって、このデモトレードの段階が面倒くさく感じることもあります。

ただ実際にやっていただくとわかりますが、FT4とデモは異なるもの

「FT4をやったから!」と、いきなりリアルに突っ込むと資金を吹っ飛ばす恐れも…。大事なトレード資金を失わないためにもデモという実際の動きの中での現実の成績を知ることが重要なんです。(*^^*)

 

まとめ

 icon-heart FT4はたくさんの相場を研究できるけれど、リアルの値動きで狂いやすい

 icon-heart デモはリアルの値動きを見られるけれど、相場の研究には向いていない

FT4がリアルの動きに近いとはいえ現実に刻々と動いていく実際のチャートとは異なりますしデモトレードだけでは値動きを研究するのに時間がかかりすぎます。片方だけだと不十分なんですね。

「FT4で過去の値動きを研究して→デモで今の値動きに落とし込む」ステップがとても大事なんです💡

はやく、そして安定して勝てるトレーダーになるためにも、ぜひ両方を使ってみてください。(*^^*)

 icon-heart 合わせて読みたい → 解決法はコレ!「デモトレードで本気になれない人はどうしたらいい?」

絶賛販売中!
EMAいったんでは、『スキャルピングインジケーター』や『教材』の販売がございます。順張り手法をマスターしたい方はぜひお申し込みくださいませ(*^^*)

 

ドル円5分足のスキャルインジ
マルチタイムフレーム分析を習得

関連記事

♡ Follow me ♡

【YOU TUBE】
チャンネル登録をお願いします♡

【twitter】
FX情報をリアルタイムで配信!

【Instagram】
プライベート写真がメインです☆

Archive

ページ上部へ戻る