200pipsゲット!「1時間足をメイン」に大きな波に途中乗りしたエントリーを解説

200pipsゲット!「1時間足をメイン」に大きな波に途中乗りしたエントリーを解説

こんばんは🐰🌙

8月30日(金)からはじめた『Morning FX』ですが、いきなり記事ランキング1位に輝いたり、「勉強になります」というメールをくださったり、温かく応援していただきありがとうございます_(._.*)_💕

内心で「誰も見てくれなかったらどうしよう」とドキドキしていたので、本当に嬉しかったです( ´•̥_•̥` )✨

そしてチャート分析をはじめたので、どんな風に環境認識を実際の売買に生かすかを知ってもらうためにも、しばらくおサボりしていたリアルトレード解説を復活させていきたいと思います(⑉• •⑉)♡

今日は、朝のチャート分析でもチラッとうつっていたポンドルを解説していきますね🐱🎀

本日のエントリー

通貨:GBP/USD(ポンドドル)

日時:2019年9月2日〜3日

売買:ショート

日足は下降トレンド

GBP/USD(ポンドドル)のリアルトレード解説

日足は下降トレンド中で、EMA40&レジスタンスで押さえられて下落している最中です。このEMA40反発では乗れなかったので、下位足のトレンドに入り、下降している日足の隙間に途中乗りをします。

8月30日のMorning FXでもお伝えしていましたが、ポンドドルは最安値圏という重要な節目にきているのですが、底にタッチしてもそこまで大きく反発していないことから下への勢いが強いと見ていました😊❄

 icon-heart 8月30日のチャート分析はコチラ

そのため利確の目安としては、最安値圏か、できれば最安値圏のブレイクを狙いたいところ。ただ週足・月足にそこまで落ちる余力はないので、ブレイクしたとしても日足と月足のボリバン-2σで決済予定です。

ただ下目線とはいえ、最安値圏手前であり、ポンドルは突然の跳ね返りも多いので、もしも大きく反発してきたらそのときは躊躇なく逃げるつもりでいます(* ᵕᴗᵕ )

4時間足はレンジの下側

GBP/USD(ポンドドル)のリアルトレード解説4時間足で見ると上下に激しく動いており、あまりきれいな形状ではないですね…。ただ現在はレンジの下側におり、ボリンジャーバンドにも下向きに傾きが出始めているので下降の勢いがありそうです。

1時間足は下降トレンドのEMA40反発

GBP/USD(ポンドドル)のリアルトレード解説

今回メインの足になるのが1時間足です。

昨日の『Morning FX』でもお話したように、ポンドルは直近からずっと戻しが深かったので、このままV字で下落するよりも、第一目標として1.21677まで戻ってくるかな〜と思い、待っていました🐰🍀

朝方からEMA10〜20で押さえられてモタモタしていたので「戻しをつけずにいってしまうかな〜😑」と思う場面もありましたが、落ちきれずに戻してきてレジスタンス&EMA40にタッチ(。•ᴗ•。)

ただ1時間足〜日足までは下降の根拠が揃っているとはいえ、ほんとうに1時間足のEMA40が機能して落ちるかはわからないので、短期足もしっかりとチェックしていきましょう⬇️

5分足はトレンドの合間のレンジ

GBP/USD(ポンドドル)のリアルトレード解説

5分足では、1時間足のレジスタンスを一瞬だけ上にブレイクするもすぐに長い陰線が続々と出てV字で落とされました。この形状から1時間足のEMA40が効いて下降の勢いが増していると判断してエントリー😊🍎

損切りは赤い点線ラインのところです(⑅•ᴗ•⑅)

 

結果

【日足&月足】

GBP/USD(ポンドドル)のリアルトレード解説

(日足)

GBP/USD(ポンドドル)のリアルトレード解説

(月足)

日足も月足もボリンジャーバンド-2σタッチまでいきました(⑉• •⑉)♡

【1時間足】

GBP/USD(ポンドドル)のリアルトレード解説

1時間足もEMA40が効いて、一度もEMA50を割ることなく一直線に落ちていきましたね。このように全時間足を見て大きな流れを知ることで、トレンドの途中から下位足を使って乗ることもできます😊✨

というわけで、本日は194.4pipsゲットのトレードとなりました(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾

 

ユーロとポンドが大きく下落していますが、もうだいぶ大底まできました。これから、最安値更新で下に攻めていくのか、それとも反転して上昇の勢いが強くなるのか…値動きをしっかり見守りたいです。

明日もぜひぜひMorning FXを見てください♡&また役立ちそうなトレードをしたらご紹介しますね(。•ᴗ•。)

順張り手法を絶賛公開中!
EMAいったんでは、『無料手法公開コース』と『教材販売』がございます。順張り手法をマスターしたい方はぜひお申し込みくださいませ(*^^*)

 


関連記事

Archive

ページ上部へ戻る