月曜日から40pips!順張りに最適だったポンド円のトレードを解説

月曜日から40pips!順張りに最適だったポンド円のトレードを解説

こんばんは。今日は朝から初の試みである『今日はどうなる?【8月6日(月)】基本5通貨の相場環境を解説』という順張りが適応できそうな相場環境の配信を行いましたが、いかがでしたでしょうか?(*≧∀≦*)

私はTwitter&記事内でもお伝えしたように、ユーロ円・ポンドル・ポンド円が順張り推奨だったんですが、その中でも他の通貨と違い、日足に余裕があったポンド円を一番に狙っていました。

今回は、そのポンド円の実際のエントリーをご紹介しますね。これからの日々の配信を、どんな風にトレードに活かしていくか参考にしていただけたら幸いです😊💕

今日のエントリーは…

通貨:GBP/JPY

日時:6月8日

日足はトレンドレス下段

【リアルトレード解説】GBP/JPYの日足日足はトレンドレス下段で①ラインに支えられている状態ですが、ボリンジャーバンド-2σにが下へ角度が出てきており、-2σタッチまですべり落ちられそうな場面です。

4時間足はダウントレンド-1σ反発

【リアルトレード解説】GBP/JPYの日足
4時間足はダウントレンド中です。『ここを見るだけ!ボリバンで“トレンド継続or終了”を見極める方法』でもお伝えしたように、-2σがきれいに伸びているので、まだトレンドは継続しそうな場面。

また、エントリー時にはまだボリンジャーバンド-1σがついてきていませんが、下降への勢いがありそうなことから、下落と共に下りてきて-1σ反発ということになるのではないか、とも考えました☺

1時間足はダウントレンド

【リアルトレード解説】GBP/JPYの日足

1時間足もダウントレンド中です。ボリンジャーバンドがスクイーズして移動平均線を抜けてきてしまったので、「1時間足レベルで中段保合い入りかな…」と思っていた場面。

しかし移動平均線を抜けてもそこからぐんぐんと上昇はせずに、直近の①ラインにもタッチできず失速しています。下への圧力が強そうですね。(*^▽^*)

5分足はボックス中段保合い

【リアルトレード解説】GBP/JPYの日足5分足は中段保合いのボックス相場と判断できます。直近はAラインで抑えられていることから、ここがひとつのレジスタンスになると判断し、エントリー。損切りはAラインの少し上(約16pips)に入れます。

スポンサーリンク

結果はどうでしょうか?

【日足】【リアルトレード解説】GBP/JPYの日足日足は①ラインを抜けて狙っていた-2σタッチまでいきました💡

【4時間足】

【リアルトレード解説】GBP/JPYの日足4時間足もダウントレンドが継続して、-1σがついてきましたね!

【1時間足】

【リアルトレード解説】GBP/JPYの日足

1時間足はエントリー後しばらく揉んで、ミドルラインに抑えられる形で下落していきました。

【5分足】

【リアルトレード解説】GBP/JPYの日足5分足はAラインがレジスタンスになり、ボックス中段保合いとなり、下落していきましたね!

ということで本日は41.8pipsで利確となりました😊🌸

 

明日以降も順張りが適応できそうな相場をご紹介していくので、ぜひブログやTwitterをチェックしてくださいね。ちなみにTwitterではこちらも初の試みであるリアルトレードのエントリーも呟いていました。初日に張り切って呟きすぎて、若干飽きてきた気がするのは気のせいかな🙄💧笑

 

※ 本ブログのMT4チャートは『XM』のものを使用しております。XMは新規口座開設時に3,000円の取引ボーナスがあるので、今なら入金しなくてもトレードができますよ。(*゚▽゚)ノ

\XMの口座解説申し込みはこちら/

関連記事

ページ上部へ戻る