メンタル知識

FXでお金を追い求めると「お金が逃げていく」現実的な理由

FXでお金を追い求めると「お金が逃げていく」現実的な理由

FXをする上で、絶対に持ってはいけないマインドが“お金への執着”だと思っています。

「お金が欲しいから投資をするのに、お金にとらわれてはいけないなんて支離滅裂だ…」と感じますが、お金を追い求めるとお金が逃げていくのが、FXです。

お金を追い求めると、お金は逃げていく

FXではメンタルが勝ち負けを左右する鍵を握っています。

「お金が欲しい」「稼がないと」と執着を持っていると、ポジポジ病や損切りを外す…と、お金を得ようと必死になるあまり、ギラギラしたトレードをしがちです。

“早く金銭を得たい”の焦りからエントリーポイントまで待てずに損失、“ちょっとでも”の気持ちから無駄なエントリーを繰り返して損失…。

いっちゃん
「お金が欲しい」と必死になる気持ちは、結果として、お金を得るどころかお金を失うことになります。

ただ金銭を稼ぐために投資をしているので、お金を手に入れたい気持ちをゼロにすることはできません。では、少しでもその執着をなくすためにはどうしたらいいでしょうか。

相場でお金への執着心を減らす方法

それは、“FXのお金を気にかけない心を持つ”ことです。

もしも金銭が入ったら、生活費の足しにしたり、やりたい事や欲しい物はたくさんあると思いますが、それは一度、本収入のみでやり繰りするか忘れるようにしましょう。

FX用の口座の資金は「増えても減ってもどうでもいい」と考えるんです。

私もリアルトレードを開始した時には、お金の増減に対して喜んだり心配したりしていましたが、やはりこの状態の時には精神面もブレて思うように取引できませんでした。

でも「この口座内のお金は、増えてもなにかに使うわけじゃないし、減っても生活ができないわけではないから大丈夫」と考えるようになったら、うまくいくように。

いっちゃん
きっと自分の中で執着がなくなった瞬間だったんだと思います😊

人生でも、「絶対になんとかしたい!」と気合いを入れるほど上手くいかなくて、「どうでもいいや」と気負わずにやった時ほど上手くいく、ということありますよね。

それと同じです。

 

まとめ

相場にお金を追い求めに行く気持ちが強いと、奪われる現実を招くことになります。

当たり前に稼げるようになったら「今月は○万円は稼ごう」と目標を掲げるのは大事ですが、そうではない前段階では無関心になり淡々と取引をできるようになるほうが大切。

いろいろな記事でFX以外の収入源を持つことの大切さをお話しますが、それも“口座内のお金が増えても減っても大丈夫”の気持ちを持つために重要だからなんですね。

FXのお金を気にかけない心を持って、相場で執着しないようにしましょう。

 icon-heart 合わせて読みたい → 欲に目がくらむ!FXをする上で「お金が関わると人は変わる」のを忘れないでおこう

FX投資家いっちゃんの手法を0から学ベる無料コンサルコース開催中♪

いっちゃんの「無料手法公開コース」の会員サイト

(当サイトよりもさらに具体的な手法を公開しているコンサル生専用の会員サイトがあります♪)

FX投資家いっちゃんのブログでは、プロフィールで公開しているように私が月間100万円以上を稼いでいるメソッドを【無料】で手法解説&コンサル指導しています。

実践に向けての知識を着実に積んでいただけるカリキュラムになっており、私本人が各課題に応じてアドバイスや添削も行っていますので、間違った知識は正しながら学ぶことができるものです。(FXのご相談も大歓迎ですよ~♪)

FX初心者・未経験者の方教材を購入する余裕がない方でも無料でご参加いただける企画になっていますので、興味がある方はお気軽にお申込みください(*^^*)

いっちゃん
本無料コンサルは2018年にスタートし、これまでに2,000人以上の方がご卒業し、投資家となりました。私自身、雑誌での長期連載経験があるなど、きちんと実績のあるトレーダーですので、どうぞ安心してご参加くださいませ。

【2022年4月~7月末まで第25期生の募集です】

    【無料コンサルのお申込みフォーム】

    ※こちらのメールフォームからお申し込みいただくと、私がメールを見てから順番に返信するため1~2日前後かかる場合がございます。

    「すぐに勉強を始めたい!」という方はこちらからどうぞ→【早くコンサルコースへ加入したい方専用のお申し込みフォーム】(自動対応)

    FX手法を詳しく解説した教材も販売中!

    いっちゃんの順張り手法

    関連記事

    error: Content is protected !!

    © 2022 FX投資家いっちゃんのブログ Powered by AFFINGER5