チャート分析

2020年10月12日(月)チャート分析

おはようございます☀ 今日から早速チャート分析を開始していきますね。

現状はドル円・ユーロドル・ポンドドルしか出来ないのですが、時間に余裕が出てきたら主要5通貨や週足・月足の解説もしていきたいと考えています☺

今日は月曜日の週初めということで、週が切り替わると流れが切り替わることも多いので、先週の値動きを引き継げるか要チェックです!

2020年10月12日(月)のチャート分析

本日は、大きな指標はありませんが、

  • 20時にECB総裁の発言(ユーロ)
  • 25時にBOE総裁の発言(ポンド)

に要人発言が控えています。

いっちゃん
為替に影響が出るようなコメントが出るかはわかりませんが、この時間帯の両通貨の値動きには注意しましょう🌸

要人発言については、『常にチェック!FXを動かす“要人発言”の意味&リアルタイムで知る方法』で解説していますので、ご存知ない方はご覧になってくださいね。

USD/JPY(ドル円)

2020年10月12日(月)チャート分析

ドル円は、日足がレンジの真ん中に入っており、上下どちらにも方向感がありません。

現状は、1時間足で見ると106.072円ゾーンを上抜けたら上目線、105,531円ゾーンを下抜けたら下目線となるので、どちらかのラインを抜けるまで様子見がベストです。

EUR/USD(ユーロドル)

2020年10月12日(月)チャート分析

ユーロドルは、全時間足で上目線になっています⤴︎⤴︎

1時間足がアップトレンドになっており、4時間足もEMAが上向きに流れが出てトレンドが始まりだしている状態。日足もレンジの上側におり、上昇余力もあります。

個人的には、1.17949ゾーンを下抜けるまでは上目線で見ていますよ〜😊

いっちゃん
ただ冒頭でお話したように週初めなので、先週に引き続いて今週もこの上昇の流れが続くかはしっかりと観察していきたいところです。

GBP/USD(ポンドドル)

2020年10月12日(月)チャート分析

ポンドドルも全時間足で上目線になっています⤴︎⤴︎

ただ、4時間足がボリンジャーバンド+2σを飛び出しており、日足もすでにボリンジャーバンド+2σに一度タッチしているので、このまま再度ぐんぐん上がるかは微妙。

1.29923ゾーンを下抜けるまでは上目線でいますが、上位足に上昇余力なしで戻しをつける可能性も高いので、4時間足・日足を注視しながら値動きを考えたいです☺

 

まとめ

個人的に、全時間足で流れがキレイに揃っているのがユーロドルなので、現段階で取引をするならユーロドルを狙いたいかな〜と考えています。

ただ、ポンドドルも美しい上昇形状とはいえませんが、このようなパターンでもロンドン時間以降に跳ね上がることもあるので、夕方以降の値動きはしっかり見ていきたいです。

それでは、今日も素敵なトレードライフをお送りくださいませ(。•ㅅ•。)

メッセージ

チャート分析については、『無料コンサルコース』や『順張り手法』をご覧いただくとより理解しやすくなりますので、ぜひお手に取ってみてくださいませ☺

 icon-heart 合わせて読みたい → 全ての時間足で根拠を揃える!「マルチタイムフレーム分析」を活かした手法

 

いっちゃんの順張り手法

関連記事

© 2020 FX投資家いっちゃんのブログ Powered by AFFINGER5