予想と結果の差が重要!経済指標が「注目される理由」と「見るポイント」

相場の大きな流れを決めるのは、ファンダメンタルズです。景気がいい国の通貨は買われますし、景気に不安がある国の通貨は売られます。そして経済の強弱を判断するために欠かせないのが“経済指標”です。

経済指標とは

経済指標とは、政府や中央銀行、企業が発表する経済状況を数値化したものです。経済指標の推移を見ながらその国の経済状況の変化を知ることは、為替市場を予測するうえでとても重要なことになります。

経済指標はなぜ注目されるのか

通貨の大きな流れが決まるのが、各国の中央銀行がおこなう「金融政策」です。

通貨価値や物価の安定をはかるために、金融緩和や金融引締めをおこなって、経済が停滞したらお金を流れるようにしたり(利下げ)逆に過熱しすぎたらお金の流れを抑制したり(利上げ)する行為ですね。

冒頭でもお話したように、この金融政策によって、利上げが予測される景気がいい国の通貨は買われやすくなりますし、利下げが予測される景気に不安がある国の通貨は売られやすくなります。

ケンタ
金融政策次第で大きなトレンドが発生するんだね。
ペペロン
それは大事にゃね!

そしてこの市場が最も注目している金融政策は、景気により決まるのですが…

相場には「噂で買って、事実で売る」という格言があるように、市場は「金利が上がるのか(or下がるのか)」「追加緩和があるのか」などを先取りして知りたがる傾向があります。

そこで景気の良し悪しや金融政策の流れを予想するための材料として、日々の経済指標に注目するんです。

経済指標は「予想」と「実際の数値」の差に注目

経済指標では、良い結果がでれば上がりますし、悪い結果がでれば下がります。また注目を集めるような経済指標をきっかけとして金融政策への流れを期待し、大きなトレンドも出やすいです。

ただ経済指標の「良い結果」「悪い結果」とは、結果そのものの数値ではなく「予想」と「実際の結果」との数値の乖離により決まります。

新聞やニュースで見聞きしたことがあると思いますが、経済指標には、

 icon-heart ポジティブサプライズ・・・予想よりも発表の数値が良ければ、その国の通貨が買われやすい

 icon-heart ネガティブサプライズ・・・予想よりも発表の数値が悪ければ、その国の通貨が売られやすい

という用語もあります。予想が+3%だったのに、発表された数値が+1%では、たとえ結果が+(プラス)だったとしてもネガティブサプライズで売られることが多くありますので、見方には気をつけましょう😊🌷

ケンタ
ただ長期的に見れば、実際の数値の良し悪しを見ながら景気の流れを読み取っていくことが重要だよ!
ペペロン
発表時の値動きは「予想と結果の差」、真のファンダメンタルズでは「実際の数値の推移」に注目にゃね🤔💡

スポンサーリンク

トレードの前には経済指標をチェック!

経済指標と一概に言っても、世界各国にたくさんの種類や数があります。

そこまで重要な指標でない限りは大きな流れを作るほどの威力はないですが、それでも一瞬は反応することがあるので、スキャルやデイでは戻してきてヒヤッとしたり狩られたりすることがあるので要注意です。

1日の始まりには、自分が取引する通貨では「今日はどんな指標があるか」をきちんと確認しましょう。

注目指標はこの3つ!

私は基本的にはファンダメンタルも意識しながらですがテクニカル重視のトレード派、また取引スタイルもスイングをメインにしているので、あまり小さな指標の結果は気にせずに売買をします。

ただそんな私でも、政策金利発表はもちろんですが、それ以外で結果に注目しており、また指標発表前には取引しないようにしている経済指標は以下の3つです☺🌸

ADP雇用統計

「月に一度のお祭り」といわれる“雇用統計”の前哨戦となる指標です。ADPと雇用統計では結果を出している機関が違いますが、ADPの結果によって米雇用統計への思惑が高まり売り買いされることがあります。

 icon-heart ADP雇用統計については『雇用統計の前哨戦!“ADP雇用統計”に市場が注目する理由とは』で詳しく解説していますので、ぜひご覧くださいませ🐱🐟

米雇用統計

2019年現在では、完全雇用に近づいており、一時期に比べてあまり注目度がなくなってしました。ただ、それでも他の指標に比べては断然動くので、雇用統計前にはポジションを持つのは気をつけましょう。

消費者物価指数

中央銀行の使命は「物価の安定」なので、過度なインフレ・デフレを防ぐために金融政策が行われます。そのインフレ率の指標に利用されるのが消費者物価指数であり、金融政策を占う上で重要な指標です。

経済指標を知るためのおすすめの書籍

ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール

ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール

サイモン・コンスタブル, ロバート・E・ライト
1,728円(03/21 21:45時点)
発売日: 2012/02/22
Amazonの情報を掲載しています

私がFXの勉強を開始したときに、読んだのがこちらの本です。

まだ雇用統計すらよく知らないときに読みましたが、経済指標についてわかりやすく書いてあり、また指標を通しての経済の流れの読み解き方も解説されており、とても参考になりました。

初心者のうちは、「どんな経済指標があり、各指標の意味や、その結果でどのくらい動くのか」をご自身で体感することも大事ですので、ご興味がある方はお手に取ってみてくださいね☺📚

 

FXでファンダメンタルズを知るための初歩となるのが、日々発表される経済指標です。経済の動きを予測できるようになるとトレードもしやすくなりますので、ぜひ学んでいきましょう。o(*≧∀≦*)o

 icon-heart 合わせて読みたい → 完全無料!「FX特化型のニュースを受け取れる」メールサービスとは

無料コンサルコースを実施中!
順張りいっちゃんFXでは、添削付きの「無料コンサルコース」がございます。順張りトレードをマスターしたい方はぜひお申し込みくださいませ(*^^*)

 

関連記事

ページ上部へ戻る