資金管理法

100万通貨なんて…「ロットを上げるドキドキ感はいつかなくなる?」

100万通貨なんて…「ロットを上げるドキドキ感はいつかなくなる?」

(Nina Buday/Shutterstock.com)

稼げる金額が大きくなる分、ロットを増やすと、心臓の鼓動が早くなって、ポジションの行方が不安で溜まらなくなり、自分の精神的な負担も大きくなりがち。

ロットを少し上げただけでこんなに緊張するなんて、「自分は10万通貨や100万通貨などを取引して稼げるようになるのかな…😰」と自信喪失しそうになりますよね。

ロットを上げるドキドキ感は減っていく!

ひとこと目で言ってしまえば、ロットを上げたドキドキ感は減っていきます。では、どういったことで緊張感が薄まるのかチェックしていきましょう🌷

ターニングポイントを越える

何ロットで慣れる?FXで“大金を掛けるのに躊躇しなくなる”ポイント』で触れましたが、私はターニングポイントとなるロットを克服したら一気に緊張から解放されました。

「自分が苦手と感じる=大金だと思って緊張する」金額で取引するのを当たり前にできるようになると自信も持てるので、ロット上げにオドオドするのは少なくなるはずです。

人によって収入や資金量が違うので、一概に◯ロットが転換点とは言えませんが、例え少額でも自分にとって大きいと思える金額を運用するのに慣れると緊張が減ります。

資金が増えると安心感が生まれる

FXが上達して資金が増えると、安心感も生まれます。元手資金からプラスになると「多少マイナスになっても資金は残る!」と、ロットを上げてもゆとりができやすいです。

トレードでは精神の安定が不可欠ですので、たとえ少額であってもお金が増えはじめると、最初の頃よりもロットを上げる不安感は徐々に薄まっていきます。

ただ資金が増えたことで気持ちが大きくなると、無茶なロットを持って賭けに出たりポジポジ病になったり…と、無茶をしやすくなりますので、そこは注意しましょう。

目標ロットに到達するとラクになる

人それぞれ自分の稼ぎたい金額に応じて、自分の目標とされるロットがあると思います。

私も目指したロットがあり、紆余曲折しながらそこに到達し、しばらくは緊張しましたが、もう上げる必要がないロット数に慣れるとその後はトレードがラクになりました。

ロットを上げ続けなればいけないときがFXにおいても苦しい時期ですが、「目標ロットに到達して慣れたら、だいぶ肩の力は抜ける」と、ゴール目指して頑張りましょう🍀

 

まとめ

ロット上げには、なにか特別な訓練や精神が必要というより「慣れ」に近い感覚です。

私の経験で言うと、FX中級者〜上級者になって大きなロット数にトライするときよりも、FXの初心者の時に運用する1万通貨から10万通貨までが一番緊張しました。

FXでは手法を理解するのと同様に、ロット上げに苦戦するときがだれしも来るものですが、いつか必ず抜けるときがきますので、負けずに乗り越えていきましょう。

 icon-heart 合わせて読みたい → 10万円&100万円稼ぐには「月にどれくらいのpipsを取るべき?」

 

いっちゃんの順張り手法

関連記事

© 2021 FX投資家いっちゃんのブログ Powered by AFFINGER5