資金管理法

退場の原因になる!コツコツドカンの「意味」と「ただひとつの対策方法」

退場の原因になる!コツコツドカンの「意味」と「ただひとつの対策方法」

FXで退場する原因として大きい「コツコツドカン」。

お金が貯まらないどころか、どんどん資金が減ることになるので、投資家として絶対にやってはいけない行為です。

そこで今回は、コツコツドカンの意味と回避する方法をお伝えしますね。

コツコツドカンとは

コツコツドカンは、利益は小さく「コツコツ」と積み上げますが損失は大きく「ドカン」と吹き飛ばすことで、“損大利小”とも呼ばれます。

例えば、10回トレードをした場合に、5pipsの利益を9回得ても、50pipsの損切りを1回行えば、プラマイゼロどころか-5pipsの損に…。

いっちゃん
利益を積み上げて「やった~!」と思っていても、1回の損失ですべてが水の泡になるんです。

そして利益よりも損失が大きいので、トレードをすればするほどお金が減り、最終的には退場という流れになります。

コツコツドカンを回避する方法

何pipsで入れるのが正解?利益が溜まる「正しい損切り幅」とは

コツコツドカンの原因としては、利益と損失の比率が悪くなるために起こります。

初心者の頃は、どうしてもちょっとした値動きに怖くなってチキン利食いをして利益が小さくなったり、お金が減るのが嫌で損切りができずに損失が大きくなったり、と「利益は小さく、損失は大きく」なりがちです。

いっちゃん
ただ、この状態ではFXで安定して稼いでいくことは不可能!

コツコツドカンにならないためには、得られる利益よりも損失が小さくなるトレードをすることが大切で、だいたい利益が損失の2倍以上になるのが理想です。

例えば、

  • 利益が10pips取れる場所なら、損切りは5pips以下の場所に置く
  • 利益が20pips取れる場所なら、損切りは10pips以下の場所に置く
  • 利益が30pips取れる場所なら、損切りは15pips以下の場所に置く

といった具合に、利益2:損失1の比率になるトレードを絶対に心がけましょう。

 

まとめ

FXにおいて勝率は、初心者投資家であれば30~40%、専業投資家であっても50~60%もあればいいほうです。

たとえ勝率90%があっても「利益1に対して損失10」であれば。

 icon-heart  10pipsの利益を9回得る=+90pips

 icon-heart  100pipsの損失を1回被る=-100pips

収益は「-10pips」とマイナスになります。

いっちゃん
まさにこれがコツコツドカンですね。どんなに小さく利益を貯めていても、たった1回の損失でお金を失うことになります。

しかし勝率50%しかなかったとしても「利益2に対して損失1」であれば、

 icon-heart  40pipsの利益を5回得る=+200pips

 icon-heart  20pipsの損失を5回被る=-100pips

収益は「+100pip」とプラスになります。

FXで安定してお金を稼ぐためには、コツコツドカンにならないことがなによりも重要ですので、ぜひ意識してみてくださいね。

 icon-heart 合わせて読みたい → 勝率は無意味!FXで稼ぐために最も大事な「リスクリワード」とは

 

いっちゃんの順張り手法

関連記事

© 2021 FX投資家いっちゃんのブログ Powered by AFFINGER5