FX基礎知識

ふたつの違いはなに?チャート画面に出てくる「BID」「ASK」とは

ふたつの違いはなに?チャート画面に出てくる「BID」「ASK」とは

初めてトレードしようと、いざ取引画面を見た時に「BID」「ASK」とふたつの価格が表示されていて、「どっちをクリックしたらいいの?」と困惑するものです。

両者の違いや見方をお伝えしていきますね。

「BID」「ASK」とは

ふたつの違いはなに?チャート画面に出てくる「BID」「ASK」とは

FXでは、売り”と“買い”というふたつのエントリーがあります。

BIDとASKもそれに付随するもので、

  • BIDは売るときの価格(売値)
  • ASKは買うときの価格(買値)

を表しているんです。

ショートをしたい場合は「BID」ロングをしたい場合は「ASK」を押します。

いっちゃん
ここを間違えると、ショートをしたいのにロングをしてしまう…など、損失の原因ともなりますので注意しましょう!

上記の取引画面で、BIDとASKを見ると、

  • BID(売りの値段)が109.356円
  • ASK(買いの値段)が109.359円

の価格帯で売買できることがわかります。

BIDとASKの価格の差はスプレット

ここで気になるのが、売りと買いでは価格がわずかに異なることですよね。このBIDとASKの差は“スプレット”と呼ばれる証券会社に支払う手数料のようなものです。

スプレッドについては『20pips取れたはずが…!知らないと損する“FXのスプレッド”とは』で、どういったものなのかを詳しく解説しています。

トレードする上で大事な知識なので、ぜひ併せてご覧くださいませ😊

 

まとめ

FXには難しい用語が多くて、困ってしまいますよね。とくにBIDやASKは注文に関わる大事な単語ですので、間違えないようにしっかりと覚えていきましょう♪

 icon-heart 合わせて読みたい → 手法だけはNG!勝つためには「トレンドとレンジの把握」が大事な理由

 

いっちゃんの順張り手法

関連記事

© 2020 FX投資家いっちゃんのブログ Powered by AFFINGER5