2時間で30pips!「1時間足をメインにしたトレード」をまるっと解説

ここ数週間、ブログ開設時に投稿した『上位足に乗ろう〜!“1時間足をメイン”にしたエントリーの仕方』がずっとラインキング上位にいるんですね。

「みなさま1時間足をメインにしたトレードに興味があるんだな〜😊」ということで、最近はリアルトレード解説の記事もおサボりしていたこともあり…頑張りました!( ・`ω・´)ゞ

 

今日のエントリーは…

通貨:AUD/JPY

日時:9月3日(月)8時頃〜

 

日足はダウントレンド

日足は①の実体レベルの安値を抜けてダウントレンドになっています。日足のボリンジャーバンドには下向きに角度があり、-2σまでも隙間があるので下落しようと思えば-2σタッチ付近まではいけそうな形状。

ただ、まだ②のヒゲの末端ラインを最安値として見たら完全には抜けきれていない状態なので、②ラインで止められる可能性も考慮しておきます。

【週足】

ここで週足チェックです! 週足は③の安値を抜けてダウントレンドと認識できる場面ですが、週足のボリンジャーバンドが下落の勢いについてこられずに開かないままローソク足が-2σから飛び出している状態になっています。

こうなると日足-2σ付近の隙間を埋めた途端に、一気に戻されることもあるので利確ターゲットを1pipsでも間違えると痛い目に遭うことも…。気をつけたいところです。

 

4時間足はダウントレンド

4時間足はダウントレンドになっており、ボリンジャーバンド-2σにも余裕があることから、まだ落ちられそうな形状ですね。

 

1時間足はダウントレンドMA反発

1時間足はダウントレンドになっており、ちょうどMAにぶつかったところです。直近が2回ともMA反発で下落していることから、今回も抑えられそうですね!

利確ターゲットは、ちょうど1時間足のボリンジャーバンド-2σと、日足のボリンジャーバンド-2σが同じ付近にあったので、このふたつの-2σタッチを狙います。

週足に隙間がないので、このふたつの隙間が埋まったら一気に戻される可能性もあるので、ターゲットまでいったら一瞬でパパッと利確します😊

 icon-exclamation-circle 1時間足のボリンジャーバンド-2σを写したかったんですが、キャプチャが下まできれいに撮れてませんでした。見づらくてすみません。(´;人;`)

 

5分足は中段保合い

日足・4時間足・1時間足に根拠は揃っていても、ほんとうに反発できるかは大きい足だけでは判断できないので、下位足もしっかり見ていきましょう!

5分足では、短期的には上がってきていましたが、Aのラインで止められていますね。これは1時間足のMAで抑えられていると判断できそうです。では、すべての足で根拠が揃ったのでエントリーします。(*゚▽゚)ノ

 

結果はどうでしょうか?

【日足】

日足は狙っていた-2σタッチまで下落していきました😊

 

【4時間足】

4時間足も落ちていっていますね!

 

【1時間足】

1時間足もMA反発で下落していき、狙っていた-2σタッチに到達しました。

 

【5分足】

5分足もAラインがレジスタンスになって下落していきました。日足のヒゲ末端部分である直近安値(下のラインのほう)を抜けられるかな〜と気になっていましたが下落。

日足&1時間足のボリンジャーバンド-2σにタッチしたところで、すかさず利確!

というわけで、今日は27.5pipsゲットです。(*^^*)v

 

普段は4時間足をメインにしたトレードが多いので、1時間足でのトレードはもはやスキャルに感じてワタワタしますね…。(*゚▽゚*)笑 とくに週足に隙間がなく、利確を間違えたら微益になりそうな相場だったので、気を遣うトレードでした🍀

 

【その後…】

その後はやはり週足に隙間がないため、日足と1時間足の-2σ隙間を埋めたらすぐに戻されています。1時間足は上位足に左右されやすく、下落(or上昇)したと思っても上位足次第ですぐに反転して、含み益が一転して建値や含み損になることも多いので、利確ターゲットには気をつけたい時間足です。

 

1時間足でトレードをするときでも、5分足・4時間足・日足・週足の全時間足をチェックすることで、勝率はバコーンとアップします。ぜひ意識してみてください🐰🌸

また役立ちそうなトレードをしたらご紹介しますね。(*^▽^*)ノ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る