スキャルorスイング?あなたが「絶対に選んではいけない時間軸」

私はFXでは、インジケーターや手法を選ぶのと同じくらい、どんな時間軸をメインにしてトレードスタイルを確立していくかは、勝率を左右するとても大事なことだと考えています。

そしてそんなトレードスタイルは、「自分の性格に合ったもの」を選ぶべきだと思っているんですね。

なぜなら私がこれまで出会ったトレーダーさんの経験から、性格に合わないトレードスタイルを選択してボロ負けしたりFXが嫌いになって退場したりという人を見てきたからです。

そこで今回は、スキャルピングとスイングに不向きな性格についてお話していきますね。(*゚▽゚)ノ

 

スキャルorスイングに不向きなのは…あなたの性格はどっち?

コツコツと何度も取引をして利益を積み上げていくスキャルと、ゆったりと長期保有して一度の値幅で大きくとるスイング。同じFXではありますが、おこなう行動はまったく違いますね。

FXの代表的なトレードスタイルとして人気なこのスキャルピングとスイングですが、デイトレードと違って短期か長期かと極端に分かれるため、向き不向きがすごくあります。

現在このどちらかを選択しているけれど、「利益がいまいち伸びていかない…」「ヘンなトレードをしてしまう」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そんな方こそチェックです!

では早速ですが、以下のふたつから自分に当てはまるほうを選んでみてください。(*^▽^*)ノ

icon-check-square-o  周囲から良く言えば「行動が早い」、悪く言えば「せっかち」と言われることがある

icon-check-square-o  周囲から良く言えば「おっとり」、悪く言えば「行動がとろい」と言われることがある

さぁ、あなたはせっかち派おっとり派かどちらだったでしょうか?

 

「せっかち派」の人が選ばないほうがいいのはスイング!

FX上では、せっかち気質さんはそもそも待つのが苦手であったり、やたらとエントリーをしたがるポジポジ病になりやすかったり…といったタイプの人が多いです。

こういう方が、4時間足〜日足をメインにしたスイングトレードを選ぶと、なかなかエントリーできない焦りや手持ちぶたさから、勝ちパターンでもないのに入ってしまう…と、NGトレードをしやすくなります。

またスイングは長い時間足である分、動くのにも時間がかかります。エントリー後にすぐに動かないことに耐えられずに、正規の利確ターゲットまで待てずにチキン利食いを行う傾向もありがちです。

 

「おっとり派」の人が選ばないほうがいいのがスキャルピング!

数秒〜数分・数十分の時間軸で利益を狙うスキャルピングでは、一瞬の判断が運命を左右します。

おっとり気質の方がスキャルをすると、ちょっと悩んだり意識が別のほうへ向いたりしている間に、エントリーチャンスを逃すせっかくの利益が一瞬で含み損になる…と悔しい思いをすることが多いです。

またおっとりした性格の人は、長時間チャートを見ているのが苦痛になるのか、PCの前にへばりついて何度もスキャルをしていると「疲れてしまう」と、FX自体が嫌になってしまう人も少なからずいました。

 

「せっかち派はスキャル」、「おっとり派はスイング」がいい

上記の理由を見た人の中には察している方もいるっしゃるでしょうが、「せっかち派はスキャルピング」「おっとり派はスイング」が向いていると思います。(*^▽^*)

せっかち気質の方であれば、そこまで待つ必要がなく、何度もエントリーできるスキャルピングを選ぶことで、エントリーまで待てないというポジポジ病や動きに苛立ったチキン利食いを回避できるでしょう。

おっとり気質の方であれば、多少エントリーチャンスに乗り遅れても利益が取れたり、一度エントリーしたらPCから離れられたりするスイングを選ぶことで、ストレスを感じなくなるはずです。

 

よくよく考えたら当たり前のように思えることですが、FXでは「手法さえ理解していれば勝てる」と信じている人が多いので、自分の性格と時間軸の相性を考える人は少ないのが実際のところです。

ただ、どんなに知識や資格がある仕事に就いても職場環境が自分の性格と合わなければうまくいかないように、FXもトレードスタイルと自分の性格が合わなければ、結果は大きく変わってくると思います。

今回お話したことはあくまでも私の経験上のことですが、もしもなかなか利益がうまく伸びていかないと悩んでいる方は、選んでいる時間軸があっていないのかもしれません。

この機会にぜひ見つめ直してみてください。(*^^*)ノ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る