重視するのはコレ!「水平線の正しい引き方」のポイント3つ

FX相場において、人それぞれ使用しているインジケーターは違うもの。しかし「水平線」はどのトレーダーも使用していると言われ、もっとも有効とされています。

ただきちんと引けば効果的な役割を果たしますが、引く場所を間違えるとまったく機能しないというコワい面も…。だからこそ、正しい引き方をきちんと知っておきたいですね。

そこで今回は、ひとつのチャートを使って「水平線を引くときのポイント」をお伝えしていきます。

 

最高値・最安値に引きます

まずはチャート上に見える最高値・最安値に水平線を引きます。

直近の高値・安値は市場で意識されやすいということと、ここを抜けたらこの時間足ではアップトレンド・ダウントレンドのスタートと認識できるので、必ず引くようにしましょう。

相場によっては高値・安値のヒゲの末端に水平線を引くときもあるんですが、今回はちょっと見づらくなるので省略しますね。

よく当たっている所に引きます

FXでの水平線の正しい引き方(2)次に、よく当たっている箇所に水平線を引きます。

何点当たっていたら引くかという決まりはないですが、こうざっくりした言い方だと初心者さんは悩んでしまうと思うので…(私も悩んだ経験があるよ〜(*゚∀゚*)笑)

だいたい2点以上当たっていたら、とりあえず市場で意識されているということなので引いていいと思います。いらなくなったら消せばいいだけなのでね。(*^o^*)

ボリンジャーバンドの間では引きません

FXでの水平線の正しい引き方(3)

これは私が意識していることなのですが、「ボリンジャーバンドの間(MA・ML付近)」では引きません。

「ボリンジャーバンドの間=トレンドレス中段」は、いわゆるレンジどまんなかで、中途半端な場所なので、いくら止まっていても手出ししないほうがいい相場です。

もちろんこういうところで水平線が効いて、上昇・下落することも稀にありますが、個人的にはもし行ったとしてもボリンジャーバンドのどまんなかではエントリーしないので、ラインはつけません。

 

水平線を引くことは、慣れや感覚による部分が大きいです。最初は難しいかもしれませんが、引いて数をこなすことで、チャートを見ただけで瞬時にわかるようになります。

まずは上記のポイントを意識して、手当たり次第に引く練習をしてみましょう。(*^▽^*)ノ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る