放置トレードで40pips!トレンドレス内の「隙間を狙った手法」を解説

もともと決してトレード回数が多くない、わたくし順張りいっちゃん。とくに数週間前に大きく取れたこともあり、「今月はもうそんなにエントリーしなくていいや…( ´_ゝ`)」とウダウダしていました。

しかし、ふと「いやいや、それはいかん! これからブロガーとしてやっていくためにも、もっとアグレッシブにならねば!」と思い立ち…頑張ってトレードしてみました。(*^◯^*)

 

今日のトレードは…

通貨:EUR/JPY

日時:7月25日(水)10時頃〜

 

日足はトレンドレス下段

日足は、①のラインを抜けて短期的にはアップトレンドになっていましたが、上昇が続かずに下落して、レンジ内に回帰してしまいました。

今はMLを抜けていることから、トレンドレス中段から下段に抜け出たところと認識できますね。

5日間連続で陰線落ちして①ライン内に潜ってきたことと、ボリンジャーバンド-2σにもだいぶ余裕があることから、下落しようと思えばまだ落ちられそうです。

 

4時間足はダウントレンドMA反発

4時間足は、MA・MLにも下向きに角度があり、雲も抜けているので、短期的にはダウントレンドと判断できます。ちょうどMAにぶつかっているので、反発が取れそうですね。

下落した場合の利確ターゲットは-2σタッチを狙いたいところ。この後すぐに外出する予定があるので、指値を置いておきます。(*゚▽゚)ノ

 

1時間足は中段保合いのボックス

1時間足は、Aラインで抑えこまれており中段保合いのボックスと想定できそうです。横ばいのボリンジャーバンドから長いヒゲを出していることからも、4時間足のMAが効いていそうですね。

直近の下値がBラインで4点止められているのが少し気になりますが、このヒゲや上位足の形状を見るに落ちてくれるのではないかな、と期待できます。

 

5分足はアップトレンド後の騙し

5分足は、ずっと止められていたCラインを上に抜けてアップトレンドになるかと思いきや、買いの勢いが続かずに、そのまま落とされました。ブレイクしたと見せかけて、騙しになったパターンですね。

これは4時間足のMAに抑えられて売り優勢の状態だと判断してエントリー!

 

結果はどうでしょう?

【日足】

リアルタイムでスクショが撮れなかったので、わかりづらくてすみません…。(´・ω・`)ちょっと日足だと見にくいので、次の足にいきましょう!笑

【4時間足】


4時間足はなんと…こっちもわかりづらいですが…行っていますね! 狙っていた-2σタッチまで下落していき、指値にささっています。

1時間足で見ると、エントリー後に下落するも、Bラインで支えられて建値付近まで戻ってきているのがわかります。Bライン付近で約3回ほど止められてから、やっとブレイク…という感じだったようです。

じつは昨日・今日と仕事があり泊まりで外出していたので、チャートを見れていなかったんですね。損切りor利確のどちらかでいいや、と放置していました。

日足はトレンドレス、4時間足も本格的なダウントレンドとは言い難く、このまま勢いよく下落するとは限らないので、実際にチャートを見ている環境だったらBライン付近で撤退も考えていたかもしれないです。

【5分足】

5分足で見ると、もたついてから一気に下落していますね。そしてその後は大きく上昇…。

トレンドレス相場は、思惑通りにいってもひとつ利確を間違えると、大きく戻されて損切り…なんていうこともあるので、利確ポイントは大きく見すぎないことだけは気をつけましょうね。

というわけで今日は43.3pipsで利確となりました!

 

今日は見ていなかったからのラッキー相場だった感はありますが、こんな時もありますね(*^▽^*)笑

「順張り=トレンド発生時のみしか使えない」と思われがちです。しかし各時間足の環境認識をきちんと行ってエントリー根拠をしっかりと整えていけば、このようにトレンドレス内の隙間を狙った売買もでき、トレード回数が少ししかないということもありません。

逆張りに比べて順張りのほうが根拠が強いぶん、勝率も高くなり利益も多く取れるとメリットもあるので、ぜひあなたも順張りを極めてくださいね。(*ノ≧∀≦*)ノ<順張り派を増やしたいよーw

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る